Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

お知らせ

最大350台のタブレット端末が同時接続可能なペーパーレス会議システム
「RICOH Conference Center」が複合機との連携を開始

2014年9月4日
株式会社リコー

株式会社リコー(社長執行役員:三浦善司)は、最大350台のタブレット端末が同時接続可能なペーパーレス会議システム「RICOH Conference Center(リコー カンファレンス センター)」の最新バージョンを9月4日(木)から提供開始致します。最新バージョンでは、複合機との連携が可能になり、紙の資料を簡単に「RICOH Conference Center」に登録することが可能です。また、アジェンダ機能が追加され、ペーパーレス会議においても議題に沿った会議運営ができるようになります。「RICOH Conference Center」のクライアントアプリケーションとなる「RICOH Smart Presenter(リコー スマート プレゼンター)」(無償)もバージョンアップされ、「RICOH Conference Center」と連携した会議の際には手書きメモの容量が従来に比べて共有メモは4倍、個人メモは20倍となります。

ビジネスや教育現場においてスマートデバイスの活用が進む中、会議における配付資料の印刷コストの削減を実現します。また、タブレット端末に配信された資料データは会議終了後に消去することも可能なため、ペーパーレス会議をセキュアな環境でご利用いただけます。社内での打合せ、役員会議、セミナーや研修会など幅広い用途で、簡単で便利にご利用頂けるペーパーレス会議システムの提供により、お客様の業務効率向上に貢献致します。

画像:「RICOH Smart Presenterシステム」の概念図

「RICOH Smart Presenterシステム」の概念図

「RICOH Smart Presenterシステム」の主なバージョンアップのポイント

1.複合機連携により「紙の資料でもすぐ会議」が可能*
紙の資料を複合機でスキャンすれば、会議資料として「RICOH Conference Center」へ直接登録が可能です。アジェンダ機能と組み合わせれば、さらに使いやすくご利用頂けます。
*MultiLink-Panel搭載モデルのみ対応

2.会議を議題に沿って進行することができるアジェンダ機能を新たに搭載
今回ご提供を開始する最新バージョンでは、アジェンダ付きの会議が作成できるようになります。アジェンダ機能によって、議題ごとの資料添付や差し替えが可能となり、事務局の負担が軽減しスムーズな会議運営を実現します。

3.手書きメモ(共有/個人)の容量が増加*
ペーパーレス会議の中で共有される資料に自由にメモを記入できる機能が強化されます。従来のバージョンに比べ容量が増加し、共有メモは4倍、個人メモに関しては20倍となります。
*「RICOH Conference Center」と連携した会議のみ対応

「RICOH Smart Presenterシステム」について

RICOH Smart Presenterシステムは、デバイス(iPad/iPhone/Windows® OS搭載のPC)上で資料の共有・閲覧・資料ページの同期・ページ内での拡大・書き込みを可能にすることで、ペーパーレスの会議やプレゼンをスムーズに行えるシステムです。発表者や会議参加者はデバイスに関わらず資料を共有することができ、会議やプレゼンの際に、資料の印刷や配付・回収をする必要はありません。発表者がページを送ると、参加者の手元資料も連動してージが送られるほか、表示資料の拡大縮小も自由に行えます。発表者の資料をリコー製プロジェクターへのワイヤレス投影も可能です。
同システムは、Windows Server®上で動作するRICOH Conference Centerと、iOS上で動作するiPad/iPhone向けアプリケーションRICOH Smart Presenter(無償)から構成されます。10名以下の会議であれば、RICOH Smart Presenterのみでもサーバー不要のペーパーレス会議を手軽にお試しいただけます。

RICOH Smart Presenterシステム
商品名 RICOH Conference Center RICOH Smart Presenter
タイプ サーバーシステム
10デバイスライセンス付
iOS用クライアントシステム
標準価格(消費税別) 300,000円 無償
最大接続数 350(iOS/Webブラウザ)
デバイスまで拡張可*
10(iOS)クライアント
(サーバーレス)

*追加分のデバイスライセンス料が必要となります。詳しくは販売担当者にご確認ください。

  1. *Microsoft、Windows、Widows ServerおよびInternet Explorerは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
    *Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
    * iPhone、iPadは、Apple Inc.の商標です。
    *iOSは、米国およびその他の国における商標またはシスコの登録商標であり、ライセンスのもとに使用されます。

| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器、プロダクションプリントソリューションズ、ドキュメントマネジメントシステム、ITサービスなどを世界約200の国と地域で提供するグローバル企業です(2014年3月期リコーグループ連結売上は2兆1,956億円・国際会計基準)。
人と情報のかかわりの中で新しい価値を生む製品、ソリューション、サービスを中心に、デジタルカメラや産業用の製品など、幅広い分野で事業を展開しています。高い技術力に加え、際立った顧客サービスや持続可能社会の実現への積極的な取り組みが、お客様から高い評価をいただいています。
想像力の結集で、変革を生み出す。リコーグループは、これからも「imagine. change.」でお客様に新しい価値を提供していきます。
より詳しい情報は、下記をご覧ください。
http://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。