Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

汚染予防への取り組み
製品に含まれる化学物質の管理【事例】

リコーグループの製品含有化学物質マネジメントシステム(MSC)

リコー製品に含まれる環境影響化学物質の管理・削減のために、設計・資材・生産等の製品作りにかかわるリコーグループの全部門(設計・資材・生産)が一体となり、製品含有化学物質マネジメントシステム(MSC)*1を構築しています。このマネジメントシステムでは、製品への含有を禁止する化学物質を徹底的に排除すると共に、万が一混入した場合には、適切な一次対応、拡大(部品や製品の出荷)の阻止及び再発防止を図るためのフローも確立済みです。
また、化学物質が機器製品のどの部位にどれだけ含まれているかをトレースし、個別に含有量を管理する仕組みを構築しており、現時点で禁止されていない化学物質が将来、規制強化により含有禁止となった場合にも、迅速に対応できる体制を整えています。

サプライチェーンにおける製品含有化学物質マネジメントシステム(CMS)

リコーグループ内に加え、リコー製品に使用される部品や材料を納入するサプライヤー企業における化学物質マネジメントシステム(CMS)*2もグローバルに構築しています。サプライヤー企業の社員を対象にCMS審査員の育成と認定を実施しており、サプライヤーの認定審査員は自社の内部監査のほかに、環境影響化学物質を扱う重要工程を持つ2次・3次の上流サプライヤー企業の審査とCMS構築の支援を行っています。
このようにリコーを含むサプライチェーン全体で化学物質マネジメントシステムを確立することにより、リコー製品に環境影響化学物質が混入しない生産体制を確立しています。