Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

組込み利用可能な小型レーザー3Dスキャナを開発

~小型・軽量ながら高精度を実現~

2018年9月4日
リコーインダストリアルソリューションズ株式会社

リコーインダストリアルソリューションズ株式会社(社長執行役員:中田 克典)は、産業用ステレオカメラなどの3Dビジョンセンサーとして、新たに組込み利用可能な小型レーザー3Dスキャナを開発し、ラインアップに加えました。

本小型レーザー3Dスキャナは、小型・軽量でありながら、近距離において高精度な3次元形状計測を実現します。新規開発の単眼カメラとレーザースキャナで構成し、計測対象に縞状のパターンを投影することで三角測量の原理に基づき高密度な3次元データを取得します。

リコーグループが保有する独自のMEMS※1ミラーデバイスと多波長を発光可能な50チャンネルからなるVCSEL※2アレイを組み合わせたレーザースキャン技術を開発しました。本技術により、小型・軽量(約75(w)×40(d)×36(h)mm、約150g)でありながら、光源となるレーザーに起因するスペックルノイズを低減し100um程度の奥行精度(一般的なレーザー※3照明利用時と比べて約3倍向上)を実現します。

これらの特徴により、ロボットピッキングや形状検査システムの小型化、スペースや重量の問題で困難であった生産装置内部への搭載など、多様なシーンで3次元データの取得が可能になります。

今後、リコーインダストリアルソリューションズは、3Dセンシング市場の拡大を見据え、リコーグループ各社と連携してさらなる研究開発を進めてまいります。

記載の仕様は開発中の暫定仕様のため変更される場合があります。
※1
Micro Electro Mechanical Systems
※2
Vertical Cavity Surface Emitting Laser
※3
単一の半導体レーザーダイオード

小型レーザー3Dスキャナ(試作イメージ)

構成図(イメージ)

このニュースリリースはPDFファイルでもご覧いただけます



| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器を中心とした製品とサービス・ソリューション、プロダクションプリンティング、産業用製品、デジタルカメラなどを世界約200の国と地域で提供しています。(2018年3月期リコーグループ連結売上は2兆633億円)。

創業以来80年以上にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能な社会にむけて積極的な取り組みを行っています。

EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES - 人々の"はたらく"をよりスマートに。リコーグループは、さまざまなワークプレイスの変革をテクノロジーとサービスのイノベーションでお客様とともに実現します。

詳しい情報は、こちらをご覧ください。
http://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。