Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコーとCrewwによるオープンイノベーションプログラム『RICOH アクセラレーター2018』を8月13日より開始

~「人々の“はたらく”をよりスマートに。」をテーマに新規事業を共創可能なスタートアップ企業を大募集!~
~IoT、AIなど、注目領域を対象に簡単なWEB応募プロセスでコラボレーションを実現~

2018年8月6日
株式会社リコー
Creww 株式会社

株式会社リコー(社長執行役員:山下 良則、以下「リコー」)とCreww株式会社(代表取締役:伊地知 天、以下「Creww」)は、リコーの経営資源を活用したオープンイノベーション※1による新規ビジネスをスタートアップ企業※2と共創する『RICOHアクセラレーター2018(以下「本プログラム」)』を2018年8月13日より開始します。

また、本プログラムの開始と同時にCrewwのホームページ内に専用WEBサイトを開設し、リコーの豊富な経営資源の活用を前提に、斬新なアイデアやユニークなノウハウを持つスタートアップ企業のエントリー受付を開始します。このオンラインを活用した選考プロセスにより、リコーとスタートアップ企業は、シナジー発掘から協業ビジネスモデルの創出に至るまでを迅速に実施することが可能となります。

リコーは、オフィス向け画像機器を中心とした製品、サービスなどを世界約200の国と地域で提供しており、創業以来80年以上にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能な社会にむけて積極的な取り組みを行ってきました。2018年に発表したリコーグループ成長戦略「挑戦」では、基本的な考え方の一つに、オープンイノベーションや、外部資本を活用した新規事業創出を掲げています。本プログラムでは、「人々の“はたらく”をよりスマートに。」をテーマに、「オフィス」や「現場」のさまざまな業務における生産性の拡大や、働く人にとって最適なワークライフの実現を目指します。

なお、本件概要は下記の通りです。

※1
自社の有する経営資源や技術に頼るだけでなく、社外と連携することにより、革新的なビジネスやサービスを共創していく仕組み
※2
独自の技術やアイデアによって前例のないビジネスモデルを創出し、既存マーケットに挑戦する成長速度の速い企業

『RICOHアクセラレーター2018』概要

  1. 募集期間:2018年8月13日(月)~2018年8月31日(金)
  2. 対象企業:国内外すべてのスタートアップ企業。業種不問。
  3. 目的:「人々の“はたらく”をよりスマートに。」をテーマに、「オフィス」や「現場」のさまざまな業務における生産性の拡大や、働く人にとって最適なワークライフの実現を目指します。
  4. エントリー方法:Crewwのホームページ内専用WEBサイトにて、協業案を提案。
    https://creww.me/ja/collaboration/ricoh-2018-08 ※2018年8月13日開設
  5. エントリー内容:専用ウェブサイト内のフォームに2,500文字以内で協業案を記入してください。
  6. 募集する事業領域:業務効率化やワークライフバランスの実現につながる、IoT、AI、ドローン、ロボティクス、ブロックチェーン、Fintechなどの全ての事業領域における、ソフトウェアやエッジデバイスなど。

スタートアップ企業が活用できるリコーの経営資源

本プログラムにエントリーするスタートアップ企業は、以下のようなリコーが持つ豊富な経営資源を活用して、自由自在なプラニングとアイデアのエントリーが可能です。

  1. 法人顧客接点
    リコーはトップシェアを誇るデジタル複合機をはじめとする画像機器に加え、働き方改革を支援するWEB会議システムや各種ソリューションなど、幅広い分野でグローバルにビジネスを展開しており、世界各国に約140万社の顧客基盤を有しています。また、世界約200の国と地域をカバーする販売網と保守サービス網を有しており、これらのネットワークを活用いただくことが可能です。
  2. 製品・サービス
    デジタル複合機、プリンター、プロジェクター、TV会議、WEB会議システム、電子黒板(インタラクティブホワイトボード)、電子ペーパーなどの既存製品に加え、リコーの運営するクラウドサービスを活用いただくことが可能です。
  3. 技術・特許
    オフィスソリューションに関連する様々な技術や特許に関する特許を活用してのご提案が可能です。
  4. 自社ネットワーク(2018年3月31日現在)
    全世界に広がる222社にものぼる子会社・関連会社を活用いただくことが可能です。
  5. 出資
    提案から具体的な協業に至ったスタートアップ企業に対しては、リコーから出資することも可能です。


| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器を中心とした製品とサービス・ソリューション、プロダクションプリンティング、産業用製品、デジタルカメラなどを世界約200の国と地域で提供しています。(2018年3月期リコーグループ連結売上は2兆633億円)。

創業以来80年以上にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能な社会にむけて積極的な取り組みを行っています。

EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES - 人々の"はたらく"をよりスマートに。リコーグループは、さまざまなワークプレイスの変革をテクノロジーとサービスのイノベーションでお客様とともに実現します。

詳しい情報は、こちらをご覧ください。
http://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。