Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

路面状態を検出可能な車載用ステレオカメラを開発、量産

2018年7月23日
リコーインダストリアルソリューションズ株式会社

リコーインダストリアルソリューションズ株式会社(社長執行役員:中田克典)は、自動運転技術のニーズが急速に拡大する自動車業界向けに、デンスステレオマッチング技術(高密度視差演算技術)を採用した車載用ステレオカメラを株式会社デンソーと共同開発し、2017年9月に量産を開始しました。

車載用ステレオカメラ

本車載用ステレオカメラは、3次元画像処理技術にリコー独自のデンスステレオマッチング技術を採用することで、歩行者や車両、ガードレールなどの障害物の検出に加え、路面の状態まで認識することを可能にしました。これにより車両が走行可能な路面(フリースペース)の検出が可能となり、ハンドル制御による障害物回避の実現に貢献しています。

従来型のステレオカメラは、エッジ検出を用いた視差演算を行うため、路面の凹凸などを正確に検知することはできませんでした。これに対し、デンスステレオマッチング技術は、車両周辺を高密度に3次元で検知でき、路面の細かい凹凸まで検出が可能という特徴があります。しかしながら、膨大なデータを処理するため、自動車用安全装置に求められるリアルタイム性に課題がありました。今回、データ処理の高速化を行うことにより、業界に先駆けて本技術を採用した車載用ステレオカメラの量産に成功しました。

当社生産センターでは、本車載用ステレオカメラを生産開始から累計約2万台出荷しております。

今後、リコーインダストリアルソリューションズは、ニーズが拡大・高度化する自動運転・ADAS(先進運転支援システム)分野でのさらなる事業拡大を図るため、リコーグループ各社と連携し研究開発を加速してまいります。

その他の会社名および製品名は、それぞれ各社の商号、商標または登録商標です。

このニュースリリースはPDFファイルでもご覧いただけます



| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器を中心とした製品とサービス・ソリューション、プロダクションプリンティング、産業用製品、デジタルカメラなどを世界約200の国と地域で提供しています。(2018年3月期リコーグループ連結売上は2兆633億円)。

創業以来80年以上にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能な社会にむけて積極的な取り組みを行っています。

EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES - 人々の"はたらく"をよりスマートに。リコーグループは、さまざまなワークプレイスの変革をテクノロジーとサービスのイノベーションでお客様とともに実現します。

詳しい情報は、こちらをご覧ください。
http://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。