Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

A3カラーレーザープリンターの調剤業務用医療モデル「RICOH SP C840ME」を新発売

~薬袋とお薬情報シートを連続印刷する際の生産性を向上~

2018年6月7日
株式会社リコー

株式会社リコー(社長執行役員:山下良則)は、A3カラーレーザープリンターの調剤業務用医療モデル「RICOH SP C840ME」を発売します。

新製品は、2015年1月に発売した「IPSiO SP C810ME V2」の後継機です。新たに調剤システム向けプリンターとして最適な定着ユニットを採用することで、薬袋とお薬情報シートなど、異なる用紙サイズを連続で印刷する際の印刷速度を向上したほか、透明薬袋やマチ付き薬袋にも高品質な印刷が可能です。また、紙詰まりやトナー切れなどを光でお知らせするオペレーターコールライト(オプション)の装着により、離れた場所からでもプリンターの状態を確認できます。さらに操作部にはリコーの複合機と同等の10.1インチのカラー液晶パネルを採用し、消耗品の交換手順を動画でわかりやすく説明することで、お客様の作業低減を支援します。

これらにより、病院内の調剤部門や調剤薬局の窓口において、患者様の待ち時間短縮に貢献します。

RICOH SP C840ME
(オプションを装着したもの)

製品名 RICOH SP C840ME
連続プリント速度(A4横) 35枚/分(カラー・モノクロともに)
標準価格(消費税別) 468,000円
発売日 2018年6月20日
販売台数 1,000台/年


| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器を中心とした製品とサービス・ソリューション、プロダクションプリンティング、産業用製品、デジタルカメラなどを世界約200の国と地域で提供しています。(2018年3月期リコーグループ連結売上は2兆633億円)。

創業以来80年以上にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能な社会にむけて積極的な取り組みを行っています。

<EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES - 人々の"はたらく"をよりスマートに。リコーグループは、さまざまなワークプレイスの変革をテクノロジーとサービスのイノベーションでお客様とともに実現します。

詳しい情報は、こちらをご覧ください。
http://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。