Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

RICOH THETA プラグイン パートナープログラムを今春開始

~米CES 2018にて開発体験ブースを出展~

2018年1月9日
株式会社リコー

株式会社リコー(社長執行役員:山下良則)は、ワンショットで360°撮影ができるカメラ RICOH THETA Vのプラグイン開発を支援する、「RICOH THETA プラグイン パートナープログラム」を2018年春から開始します。これに伴い同時期に、ユーザーが開発したプラグインを共有できるプラットフォームを開設することを発表いたします。

全体イメージ

RICOH THETAは、全方位を一度に撮影できるという特徴と、スマートフォンアプリ用のアプリケーション・プログラム・インターフェース(API)/ソフトウェア・デベロップメント・キット(SDK)を公開することで、これまでの映像表現の常識を超える新たな可能性を秘めたツールとして、さまざまな映像分野で利用されています。

RICOH THETA Vは、新たにAndroid™ベースのオペレーションシステムを採用することにより、カメラ本体の機能をプラグインによって追加できる、自由度の高い優れた拡張性を実現しています。既にプリインストールされているプラグインとして、撮影したカメラ本体内の映像データをテレビなどのモニターに360°で映し出せる「リモート再生」機能*1があります。

今春、パートナープログラムを開始し、RICOH THETA VのAPI/SDKをプログラム参加者に公開することで、さまざまなプラグインの開発が可能となり、使用用途に沿ったカスタマイズができます。またリコーは、ユーザーが開発したプラグインを共有できるプラットフォームを提供するとともに、プラグイン開発の支援を行う体制も順次整備してまいります。

なお、2018年1月9日より米国ラスベガスで開催される、世界最大規模のコンシューマーエレクトロニクス関連の展示会「CES 2018」にてプラグイン開発を体験いただけるブースを出展いたします(サウスプラザ、ブース番号64704)。

*1.
別途ワイヤレスディスプレイアダプターなどの機器が必要となります。
AndroidはGoogle Inc.の登録商標です。
その他の会社名および製品名は、それぞれ各社の商号、商標または登録商標です。

関連コンテンツ

このニュースリリースはPDFファイルでもご覧いただけます



| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器を中心とした製品とサービス・ソリューション、プロダクションプリンティング、産業用製品、デジタルカメラなどを世界約200の国と地域で提供しています。(2017年3月期リコーグループ連結売上は2兆288億円)。

創業以来80年以上にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能な社会にむけて積極的な取り組みを行っています。

EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES - 人々の"はたらく"をよりスマートに。リコーグループは、さまざまなワークプレイスの変革をテクノロジーとサービスのイノベーションでお客様とともに実現します。

詳しい情報は、こちらをご覧ください。
http://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。