Skip to main contentSkip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

海外関連会社に対する取引先会社からの再建手続申立て棄却について

2017年10月4日
株式会社リコー

  当社の連結子会社であるRicoh India Limited(登記上本社:ムンバイ、ボンベイ証券取引所上場、以下「リコーインド」)は、取引先のFourth Dimension Solutions(本社:ニューデリー、インド国立証券取引所上場、以下「FDS」)がインドNational Company Law Tribunal(会社法審判所)に対して行っていたリコーインド再建手続開始の申立てが棄却されたことを昨日公表いたしました。


  リコーインドは9月11日にFDSがインド破産倒産法(Insolvency and Bankruptcy Code)に基づき同事案の申立てを行なったことを公表していました。それを受けて会社法審判所が審議を行い9月29日にこの申立てを棄却しました。この決定に基づきFDSは申立てを取り下げました。


  なお、発表済みの株式会社リコー2017年度連結決算見通しに変更はありません。