Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

「RICOH Interactive Whiteboard」の新製品2機種を発売

~シリーズ全機種統一オペレーションで、お客様の用途に合わせて更に選びやすく~

2017年5月25日
株式会社リコー

株式会社リコー(社長執行役員:山下良則)は、「映す・書く・共有する」でコラボレーションを促進するRICOH Interactive Whiteboardシリーズの新製品として、画面サイズが65インチの「RICOH Interactive Whiteboard D6510」と、55インチの「RICOH Interactive Whiteboard D5520」の2機種を発売します。

新製品は2機種とも、2015年に発売した前身機と比較して、USBポートの数を8ポートに増設し(前身機は1ポート)、USBポートからの電源供給が可能になりました。また、新たにBluetooth®機能を搭載し、Bluetooth対応スピーカーやマイクを合わせて利用できるようになりました。「RICOH Interactive Whiteboard D5520」は、前身機ではパネルへの書き込みは専用の電子ペンのみ対応していましたが、新たに指やタッチペンでの書き込みもできるようになりました。これにより、現在発売中の84インチタイプの製品と合わせて、RICOH Interactive Whiteboardシリーズは、全機種で共通の操作性と機能を備え、お客様の用途に応じてお好みの画面サイズからお選びいただけるようになりました。

こうした大型タッチディスプレイとしての充実した標準機能に加えて、オプションのコントローラーを装着することで、多彩な描画編集、異なる拠点との遠隔画面共有、作成したファイルのメール送信などを実現します。テレビ会議システムとの連携も強化し、RICOH Unified Communication Systemやマイクロソフト社のSkype® for BusinessによるFace to Faceのコミュニケーションを実現します。さらに、非接触ICカードを用いたリコー 個人認証システム AE2(別売)に対応し、セキュリティを高めるとともに、認証ユーザーのメールアドレスを取得してファイルを送信するなど、操作性も向上します。

IT化が進む教育現場や、働き方の多様化に伴い社員や取引先との効率的なコミュニケーションを求める企業への導入を図り、お客様のワークスタイル変革を支援してまいります。

製品名 RICOH Interactive Whiteboard D6510 RICOH Interactive Whiteboard D5520
画面サイズ 65インチ 55インチ
価格 オープン価格
発売日 2017年6月12日
目標販売台数 1,500台/年

RICOH Interactive Whiteboard D6510
(オプションのコントローラー
およびスタンドを装着)

Bluetoothは、米国Bluetooth SIG, INC.の米国ならびにその他の国における商標または登録商標です。
Skypeの名称は、Skypeまたはその関連事業体の商標です。


| リコーグループについて |

リコーグループは、ドキュメントマネジメントシステム、ITサービス、プロダクションプリントソリューション、ビジュアルコミュニケーションシステム、デジタルカメラ、産業用製品·サービスなどを世界約200の国と地域で提供するグローバル企業です(2017年3月期リコーグループ連結売上は2兆288億円)。

創業以来80年にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能社会の実現への積極的な取り組みを行ってきました。

想像力の結集で、変革を生み出す。リコーグループは、これからも「imagine. change.」でお客様に新しい価値を提供していきます。

より詳しい情報は、こちらをご覧ください。
http://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。