Skip to main contentSkip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

機能安全に対応したボルテージディテクタ「R3152Nシリーズ」を新発売

電圧降下と過電圧の監視を一つのICで実現

2017年4月5日
リコー電子デバイス株式会社

   リコー電子デバイス株式会社(代表取締役 社長:田路悟)は、「機能安全」に対応した高耐圧なウィンドウボルテージディテクタ*1「R3152Nシリーズ」を発売します。

   車載機器や産業機器では「機能安全」への対応の要求が高まっており、マイコンやSoC用の電源に高精度な電源監視が求められます。「R3152Nシリーズ」は、LDOやDC/DCコンバータで降圧された電源の電圧降下だけでなく過電圧の監視を一つのICで実現します。監視の精度が高い(検出電圧精度±0.5%(Ta=25℃)、ヒステリシス精度typ.1.0%(max.1.5%))だけでなく、機能安全のために追加する部品を最小限に抑えられます。

   従来の低耐圧電源端子を使用したボルテージディテクタは、低電圧に降圧された5Vや3.3Vの電源を動作電圧としていたため、監視対象とする電源ライン自体の出力が不安定な際には、正常に動作できない懸念がありました。R3152Nシリーズは、高耐圧な入力端子により、自動車のバッテリーや産業機器で使用されている42Vまでの高電圧な電源から動作電圧を直接取得し、電圧監視する端子と分離しています。これより、監視している電圧の異常を確実に検出できます。

   本製品は一般電装品向け、車載アクセサリー向け、産業機器などの高温環境対応品向け、民生機器向けと用途に合わせて4つの品質ランクをラインアップしています。

 

製品名 R3152Nシリーズ
サンプル価格(消費税別) 200円(1000個購入時の参考価格)
サンプル受注開始日 2017年4月5日
パッケージ SOT-23-6
月産規模 200万個

*1 電圧降下および過電圧の両方を監視するボルテージディテクタ

画像:R3152Nシリーズ
R3152Nシリーズ



| リコーグループについて |

リコーグループは、ドキュメントマネジメントシステム、ITサービス、プロダクションプリントソリューション、ビジュアルコミュニケーションシステム、デジタルカメラ、産業用製品·サービスなどを世界約200の国と地域で提供するグローバル企業です(2016年3月期リコーグループ連結売上は2兆2,090億円)。

創業以来80年にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能社会の実現への積極的な取り組みを行ってきました。

想像力の結集で、変革を生み出す。リコーグループは、これからも「imagine. change.」でお客様に新しい価値を提供していきます。

より詳しい情報は、こちらをご覧ください。
http://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。