Skip to main contentSkip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

ワンショットで全天球イメージを撮影できる360°カメラ

「RICOH THETA SC」を新発売

4色のカラーバリエーションから選べる、360°映像を手軽に楽しめるスタンダードモデル

2016年10月13日
株式会社リコー
リコーイメージング株式会社

   株式会社リコー(社長執行役員:三浦善司)は、360°カメラを初めて使用される方でも簡単に撮影を楽しめるわかりやすい操作性と充実の基本性能を備えた、スタンダードクラスの360°カメラ「RICOH THETA SC」を発売いたします。

 

   「RICOH THETA(リコー・シータ)」は、2013年に世界初*1のワンショットで360°撮影ができるカメラとして発売以来、全天球イメージという、これまでの映像表現の常識を超える可能性を秘めたツールとして、さまざまな映像分野で利用されてまいりました。昨年発売したシリーズ上位機種の「RICOH THETA S」では、さらなる高画質を望まれるユーザーや、ビジネス用途での高い要求に応えることで、360°映像に関心の高いユーザー、ビジネスパートナーから高い支持をいただいています。

 

   今回発売する「RICOH THETA SC」は、VR(バーチャルリアリティ)元年と言われている本年、360°の全天球映像を誰もが日々手軽に楽しんでいただける、360°カメラのスタンダードモデルとして開発しました。「RICOH THETA S」と同等の高性能CMOSイメージセンサーや大口径レンズによる高画質はそのままに、本体の軽量化を実現しています。 撮影した360°画像は、スマートフォンやタブレットに転送して楽しめるほか、市販のVRビューアーを利用して、手軽にVR体験が可能です。また、専用ウェブサイトtheta360.comにアップしてSNSで共有したり、FacebookやYouTubeTMに直接動画を投稿することも可能です。

   また、毎日持ち歩くパーソナルツールとしての楽しさも追求し、好みに応じて4色から選べるカラーバリエーションもご用意しています。

 

*1: コンシューマー製品において、水平方向や半天球だけでなく、撮影者を取り巻く空間全てをワンショットでキャプチャーできる点において(2013年10月時点。当社調べ)

 

製品名 RICOH THETA SC
本体色 ブルー、ベージュ、ピンク、ホワイト
価格 オープン価格
発売日 2016年10月28日

付属品:USBケーブル、専用ケース

 

画像:RICOH THETA SC
RICOH THETA SC

関連コンテンツ

このニュースリリースの詳細はこちら(PDF)



| リコーグループについて |

リコーグループは、ドキュメントマネジメントシステム、ITサービス、プロダクションプリントソリューション、ビジュアルコミュニケーションシステム、デジタルカメラ、産業用製品·サービスなどを世界約200の国と地域で提供するグローバル企業です(2016年3月期リコーグループ連結売上は2兆2,090億円)。

創業以来80年にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能社会の実現への積極的な取り組みを行ってきました。

想像力の結集で、変革を生み出す。リコーグループは、これからも「imagine. change.」でお客様に新しい価値を提供していきます。

より詳しい情報は、こちらをご覧ください。
http://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。