Skip to main contentSkip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

RICOH 多言語通訳サービス」を新発売

~インバウンド市場向け主要7カ国語・24時間365日対応の高品質な通訳サービス~

2016年7月7日
株式会社リコー

   株式会社リコー(社長執行役員:三浦善司)は、インバウンド市場向けに主要7カ国語・24時間365日*1対応の高品質な通訳サービス「RICOH 多言語通訳サービス」を7月13日から発売します。

 

   日本を訪れる外国人旅行者数は年々増加し、日本政府観光局の発表によると2015年は前年比47.1%増の1,973万7千人で、過去最高となりました。同時に、訪日外国人旅行客による消費額も前年比71.5%増の3兆4,771億円と大幅に増加しています。これに伴い、訪日外国人旅行客に対して、店頭でスムーズな接客を行なう体制づくりが流通・小売業界において課題となっています。また、観光・宿泊施設や医療機関においては、様々な状況に応じて、的確できめ細やかな対応が求められています。

 

   このたび、リコーはテレビ会議システム「RICOH Unified Communication System」のプラットフォームを活用し、高品質な通信サービスを有する多言語通訳サービスをご提供いたします。iPad*2による簡単操作で、7カ国語(英語・中国語・韓国語・タイ語・スペイン語・ポルトガル語・ロシア語)の対面式通訳サービスが、24時間365日ご提供可能です。外国語・日本語の両言語に対してネイティブレベルのオペレーターが応対するため、状況に応じたきめ細やかなコミュニケーションが可能で、顧客満足度向上に寄与します。料金プランに関しては、定額制と従量制を設定しており、お客様の活用頻度により最適なプランをお選びいただくことができ、手軽に導入できます。

 

*1: 現在はタイ語・ロシア語のみ、平日9:00~18:00のサービス提供となります。

*2: iPad対応OSはiOS 8/9 となります。

 

サービス名 RICOH 多言語通訳サービス
価格(消費税別) 初期費用:30,000円、基本料金:5,000円~/月額*3
発売日 2016年7月13日

*3: 詳しくは販売担当者にご確認ください。

 

画像:RICOH 多言語通訳サービス
※専用のアプリケーションはApp Storeより無料でダウンロードいただけます。

このニュースリリースの詳細はこちら(PDF)



| リコーグループについて |

リコーグループは、ドキュメントマネジメントシステム、ITサービス、プロダクションプリントソリューション、ビジュアルコミュニケーションシステム、デジタルカメラ、産業用製品·サービスなどを世界約200の国と地域で提供するグローバル企業です(2016年3月期リコーグループ連結売上は2兆2,090億円)。

創業以来80年にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能社会の実現への積極的な取り組みを行ってきました。

想像力の結集で、変革を生み出す。リコーグループは、これからも「imagine. change.」でお客様に新しい価値を提供していきます。

より詳しい情報は、こちらをご覧ください。
http://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。