Skip to main contentSkip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

RICOH THETA × IoT デベロッパーズコンテスト」を開催

~IoT時代に向けた新プラットフォームを応募者特典として先行提供~

2016年3月31日
株式会社リコー

   株式会社リコー(社長執行役員:三浦善司)は、全天球カメラ「RICOH THETA」を活用したアプリケーションやガジェットを募集する、二回目のオープンコンテストを開催します。エントリー期間は4月1日から8月10日で、作品の提出締切は8月31日です。また、IoT時代に向けた新しいプラットフォームを一足早く応募者特典として提供し、開発を支援いたします。

 

   RICOH THETAは全方位を一度に撮影できるという特徴から、来るIoT社会においてもそのさまざまな活用が期待されています。しかし、RICOH THETAのようなイメージングデバイスを利用してIoTソリューションを開発するには、機器側の開発だけではなく、クラウド側の開発や、サーバーの構築・運用など、組み込み以外の技術開発やノウハウが必要となり、従来の製品開発よりも開発期間やコストがかかることが課題になっています。このたび応募者特典としてリリースするベータ版のクラウドAPI(Application Programming Interface)は、主にイメージングデバイスを使ってソリューションを実現しようとする方に向けて、開発が省力化できるよう、RICOH THETA用のBaaS(Backend as a Service)*1として公開するものです。

   リコーの創業80周年記念の一環として開催する本コンテストでは、このクラウドAPIを用いて開発した新しいRICOH THETAの活用を提案するアプリケーションを含め、前回同様にRICOH THETAと連動するアプリケーションやガジェットを幅広く募集します。詳しくは開催概要をご覧ください。

 

*1  BaaS(Backend as a Service)とは、ユーザーや機器の認証・管理、プッシュ通知、SNS連携などの共通機能を、アプリケーション開発者向けにインターネットを通じて提供するクラウドコンピューティングの形態の一つです。アプリケーション開発者は、クラウドAPIやSDK(Software Development Kit)を利用することで、簡単にこれらの機能を組み込むことができます。

 

開催概要

主催 株式会社リコー
共催 YRPユビキタス・ネットワーキング研究所
特別協力 東京大学大学院情報学環ユビキタス情報社会基盤研究センター
協力 日本科学未来館、株式会社ドワンゴ
応募資格 本コンテスト応募要項に同意いただいた方のみ応募できます。
個人、グループ、法人を問いません。国籍、年齢、居住地などの制限もありません。
対象リコー製品 RICOH THETA / RICOH THETA(m15) / RICOH THETA S
応募方法 エントリー期間中に専用Webサイト内の応募フォームからエントリーのうえ、応募作品提出締切までに応募作品をご提出ください。
募集内容 ・RICOH THETAとセンサー、Web上のデータなど、インターネットと融合した新しいIoTコンセプトアプリケーション
・RICOH THETAと連動するガジェットやアプリケーション
応募者特典 クラウドAPI(ベータ版)およびRICOH THETAシリーズの筐体3Dデータ
※クラウドAPIは順次機能を追加いたします。詳しくは随時更新するコンテストサイトをご確認ください。
審査基準 IoT時代にふさわしいイノベーティブなもの
以下のポイントから総合的に判断します。
・革新性(独創性)があるか
・夢(将来性・発展性)があるか
・実用性、利便性があるか
審査員 ・東京大学大学院情報学環教授 坂村健
・日本科学未来館 科学コミュニケーション専門主任 小沢淳
・NAKED Inc. 代表 村松亮太郎
・株式会社ドワンゴ 技術コミュニケーション室 室長 清水俊博
・株式会社リコー 会長執行役員 近藤史朗
表彰内容 最優秀賞 1点 100万円
優秀賞 3点 50万円
80周年記念賞 5点 30万円
審査員特別賞 点数未定10万円
※入賞者は原則として都内で行う表彰式へ出席して応募作品のプレゼンテーションを行うものとします。
スケジュール
(日本時間)
エントリー期間: 2016年4月1日(金)~2016年8月10日(水)
応募作品提出締切: 2016年8月31日(水)
表彰式: 2016年11月7日(月)
詳細情報 コンテスト概要、応募要項、提出物など
「RICOH THETA × IoT デベロッパーズコンテスト」サイト をご参照ください。
http://contest.theta360.com/
お問い合わせ先 YRPユビキタス・ネットワーキング研究所
「RICOH THETA × IoT デベロッパーズコンテスト」事務局
Email: support@contest.theta360.com
備考 詳しくは応募規約をご確認ください。

※ニュースリリース記載の会社名および製品名は、それぞれ各社の商号、商標または登録商標です。

 

リコーグループについて

リコーグループは、ドキュメントマネジメントシステム、ITサービス、プロダクションプリントソリューション、デジタルカメラ、産業用製品・サービスなどを世界約200の国と地域で提供するグローバル企業です(2015年3月期リコーグループ連結売上は2兆2,319億円)。

創業以来80年にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能社会の実現への積極的な取り組みを行ってきました。

想像力の結集で、変革を生み出す。リコーグループは、これからも「imagine. change.」でお客様に新しい価値を提供していきます。

より詳しい情報は、こちらをご覧ください。http://jp.ricoh.com/

 

YRPユビキタス・ネットワーキング研究所について

YRPユビキタス・ネットワーキング研究所は、身の回りのあらゆるモノに、通信能力を有するマイクロコンピュータやセンサ、アクチュエータ等が埋め込まれ、それらが相互に情報交換を行いながら協調動作し、人間生活をより高度にサポートする、ユビキタス・コンピューティング、ならびにモノのインターネットと称される Internet of Things の技術に関する研究開発を推進しています。www.ubin.jp

 

日本科学未来館について

日本科学未来館は、さまざまな分野に波及する先端科学技術の営みを、私たちを豊かにする文化の一つとして社会全体で共有することを目指しています。常設展、企画展、イベント、人材育成や各種ネットワーク形成を通じて、先端科学技術の情報発信と伝達手法の開発を行っています。

詳しくは Web サイトをご覧ください。http://www.miraikan.jst.go.jp/

※リコーは、日本科学未来館の理念に賛同し、2006年10月からオフィシャルパートナーとしてその活動を支援しています。

 

株式会社ドワンゴについて

株式会社ドワンゴは、ゲームや音楽をはじめとするエンタテインメント分野において、次世代ネットワークコミュニケーションの創出を目指す、ネットワーク・エンタテインメント・カンパニーです。
約5,000万人の登録ユーザー数を誇る国内最大級の動画サイト「niconico(ニコニコ動画)」の運営をはじめ、モバイル向け音楽配信、ゲームソフト及びオンラインゲームの企画・開発・販売などを行っています。

詳しくは Web サイトをご覧ください。 http://dwango.co.jp/

※niconicoおよびニコニコ動画は、株式会社ドワンゴの商標または登録商標です。

このニュースリリースはPDFファイルでもご覧いただけます