Skip to main contentSkip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

2D/3D併用型ピッキングシステム「RICOH RLシリーズ」を新発売

~業界初※、部品のピッキングから組み付けまでを自動化~

2016年2月29日
リコーインダストリアルソリューションズ株式会社

【2016年6月3日訂正版】
2月29日に発行いたしましたニュースリリースにつきまして、「組み付け」の工程範囲が誤認される可能性のある表現になっていたため、対象とする範囲を明確にし、再掲載させていただきます。ここにお詫び申し上げます。

 リコーインダストリアルソリューションズ株式会社(社長執行役員:中田克典)は、業界で初めて*部品のピッキングから組み付け(搭載)までの作業を自動化する2D/3D併用型ピッキングシステム「RICOH RLシリーズ」を3月4日から発売します。

 従来、産業用ロボットで製品の組み立てを自動化するためには、組み付ける部品をロボット動作に合わせて整列配膳する必要がありました。部品の大きさや形状がそれぞれ異なることや一つ一つの作業が複雑であるため、ピッキングから整列・配膳までのプロセスを複数台のロボットまたは手作業で行う必要があり、品質の安定化やコストの高さが業界共通の課題となっていました。

 「RICOH RLシリーズ」ピッキングシステムは、アームロボットに産業用ステレオカメラ「RICOH SV-M-S1」(2015年3月に発売)を組み込んでおり、リコー独自の3D認識技術とロボット制御技術を備えています。これにより10mmサイズ角の小型部品をはじめ、さまざまなサイズの部品のピッキングから整列・配膳までのプロセスを1台で処理できます。

 また、2D(輝度)の形状認識と3D(視差)の位置計測を自動で切り替えることが可能なため、部品の正確な位置をすばやく計測でき、連続的にピッキング作業を行えます。 特に、プリント基板(PCB)へ挿入の難易度が高いリードのある電子部品などでも、これまで手作業で行っていた配膳を自動化できるようになり、 部品の組み付けを行う「RICOH RLシリーズ」インサータシステムを連結させて挿入まで自動化できます。さらに、はんだ付けを行うシステムを組み合わせれば生産ライン全体を自動化することができます。

 電子部品業界、自動車部品業界をはじめとする、今まで自動化が難しいとされていた生産ラインを持つ業界に向け販売を開始するとともに、基板実装業界にはPCB後工程全体の自動化ソリューションを展開し、コスト削減と生産性の向上をご提案します。

*2016年1月時点、リコー調べ

 

製品名 RICOH RLシリーズ
想定価格 オープン価格
発売日 2016年3月4日
目標販売台数 100台/年

 

画像:RICOH RLシリーズのイメージ
RICOH RLシリーズ(画像はイメージです)



| リコーグループについて |

リコーグループは、ドキュメントマネジメントシステム、ITサービス、プロダクションプリントソリューション、ビジュアルコミュニケーションシステム、デジタルカメラ、産業用製品·サービスなどを世界約200の国と地域で提供するグローバル企業です(2016年3月期リコーグループ連結売上は2兆2,090億円)。

創業以来80年にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能社会の実現への積極的な取り組みを行ってきました。

想像力の結集で、変革を生み出す。リコーグループは、これからも「imagine. change.」でお客様に新しい価値を提供していきます。

より詳しい情報は、こちらをご覧ください。
http://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。