Skip to main contentSkip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

ワンショットで360度の高画質な撮影ができる
「RICOH THETA S」新発売

新開発レンズ、新型イメージセンサーを搭載したハイスペック上位モデル

2015年9月4日
株式会社リコー
リコーイメージング株式会社

   株式会社リコー(社長執行役員:三浦善司)は、撮影者を取り囲む全天球イメージをワンショットで撮影できる画像インプットデバイス「RICOH THETA(リコー・シータ)」の上位モデルとして、高精細な静止画像や高品質な動画撮影、ライブビュー機能などに対応した「RICOH THETA S」を発売いたします。

 

   「RICOH THETA(リコー・シータ)」は、2013年に世界初注1の画像インプットデバイスとして発売以来、全天球イメージという、撮影者の意図や予測を超えた光景、斬新な画像をいつでもどこでも記録できるカメラとして、さまざまな用途で新たな映像表現の可能性を提供してまいりました。現行の「RICOH THETA(型番:RICOH THETA m15)」からは全天球動画撮影にも対応し、全天球イメージという映像表現手法は、既に多くの分野から注目を集めています。

 

   今回発売する「RICOH THETA S」は、製品コンセプトである小型・軽量ボディはそのままに、より高画質を求めるユーザーからの要望や、ビジネス用途での高い要求にも耐えうる上位機種として開発しました。新開発のレンズユニットやイメージセンサーの大型化、最新の画像処理等により、静止画で約1400万画素に相当する高精細な画像での全天球撮影を実現するとともに、大容量データの高速転送を可能にしています。また、全天球イメージをスマートフォンやタブレット上で確認しながら撮影できるライブビュー機能により、肉眼では想像できない全天球イメージの撮影を、より快適におこなうことができます。さらに、フルHD注2サイズに相当する高品質で滑らかな全天球動画撮影にも対応し、PCを使用することなくスマートフォン上での全天球動画が閲覧できるなど、画質をはじめとする全ての機能、性能にこだわるユーザーにご満足いただけるモデルとなっています。

 

   なお、本製品は、2015年9月4日よりドイツのベルリンで開催される世界最大のエレクトロニクスショー「IFA2015」に出展いたします。

 

注1:コンシューマー製品において、水平方向や半天球だけでなく、撮影者を取り巻く空間全てをワンショットでキャプチャーできる点において(2013年10月時点。当社調べ)
注2:入力時1980×1080ピクセル。全天球動画に変換した際の記録サイズは1920×960ピクセル。出力時の画像サイズは表示するデバイスの性能によって異なります。

 

製品名 RICOH THETA S
本体色 ブラック
発売日 2015年10月下旬
価格 オープン価格

付属品:USBケーブル、専用ケース

 

画像:RICOH THETA S
RICOH THETA S

画像:RICOH THETA S (LED点灯時)
RICOH THETA S (LED点灯時)

関連コンテンツ


| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器、プロダクションプリントソリューションズ、ドキュメントマネジメントシステム、ITサービスなどを世界約200の国と地域で提供するグローバル企業です(2015年3月期リコーグループ連結売上は2兆2,319億円)。
人と情報のかかわりの中で新しい価値を生む製品、ソリューション、サービスを中心に、デジタルカメラや産業用の製品など、幅広い分野で事業を展開しています。高い技術力に加え、際立った顧客サービスや持続可能社会の実現への積極的な取り組みが、お客様から高い評価をいただいています。
想像力の結集で、変革を生み出す。リコーグループは、これからも「imagine. change.」でお客様に新しい価値を提供していきます。
より詳しい情報は、下記をご覧ください。
http://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。