Skip to main contentSkip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

RICOH THETA デベロッパーズコンテストの入賞作品決定

大賞は、全天球イメージに3Dオブジェクトを追加できる「Holobuilder」

2015年8月20日
株式会社リコー

   株式会社リコー(社長執行役員:三浦善司)は、日本科学未来館(東京都江東区青海)において、「RICOH THETA デベロッパーズコンテスト」の表彰式を開催し、入賞作品を発表しました。「RICOH THETA」をより便利に使う・新しい使い方を可能にするアプリケーション・ガジェット72作品の中から大賞に輝いたのは、ドイツのbitstarsチームによる「Holobuilder - a web-based virtual reality creator using 360°Theta photos」です。

 

   本コンテストはワンショットで360度の全天球イメージ・動画が撮影できるカメラ「RICOH THETA」のアプリケーションまたはガジェットを開発するオープンコンテストです。「メーカーだけでなく、ユーザーも含めて商品を育てる」というRICOH THETAの思想のもとに開催し、15の国と地域からご応募を賜りました。リコーは、今後もユーザーの皆様と共に全天球の世界の楽しさを広げてまいります。入賞作品と講評は以下の通りです。

 

入賞作品

「作品名」 応募チーム名 作品概要
大賞 「Holobuilder - a web-based virtual reality creator using 360°Theta photos」 bitstars(ドイツ) 全天球イメージに3Dオブジェクトを追加できるWEBアプリ
アプリケーション
API部門賞
「360HDR」 aimino RICOH THETAのHDR撮影ができるアプリ
アプリケーション
ユーティリティ部門賞
「3Dパノラマ画像計測システム PanoMeasure2」 株式会社ズームスケープ・株式会社インベステム 全天球イメージを元に図面作成や寸法計測ができるアプリ
ガジェット部門賞 「Ambisonics360 マイクロフォン」 Qos_mic 周囲360度の音を記録するマルチチャンネル・サラウンドマイク
RICOH THETA賞 「Theta GPS」 Cornelia and Harald Meyer (オーストリア) 指定した地点に到達すると自動的に撮影開始・終了ができるアプリ
「CliPETA」 石村 司 360度を分割して複数回撮影すると1つの全天球イメージを生成
「360 Coffee Shop」 360 Coffee Shop(香港) 全天球イメージと共にコーヒーショップの情報が共有できるSNSアプリ
「ポータブルパノラマプレイヤー」 MIRO 専用ビューアー不要、ブラウザ上で動くパノラマプレイヤー
「スマートエンジンカメラ きらりNINJA」 日本郵船株式会社/株式会社MTI/ダイトエレクトロン株式会社 船のエンジン内部撮影用に照明と冷却材を備えたガジェット
審査員特別賞 「Journey360」 タオソフトウェアチームサンディ 全天球イメージで思い出を辿るマップを作成するアプリ
「THETA PACKAGE HMD」 itachin RICOH THETAパッケージを簡易ヘッドマウントディスプレイに
「なかよしボックス」 ParkCaravan実行委員会 みんなで覗くと笑顔になる不思議な箱

 

講評

   審査員長 坂村健

 

   今回のRICOH THETAデベロッパーズコンテストは、日本国内だけでなく全世界に開かれたオープンコンテストであった。海外からも注目され、たった2ヶ月程度ではあったが、たくさんの応募があった。RICOH THETAを使い込んでいると思われる方からの、なるほどというような作品。すぐに業務に使えそうな作品。なんとこんな使い方がというような作品と、多くの作品の応募があった。

 

   選定で最も重視したのは「イノベーティブなもの」。革新性(独創性)、夢(将来性、発展性)、有益性(実用性)を審査基準として選定した。

 

   「Holobuilder」は、2Dの写真では一般的なスタンプやコメントを加える加工機能だが、それを全天球画像に持ち込む──しかも、立体的なスタンプを空間に押すというイメージがイノベーティブで、将来のこの方向の可能性を感じさせた。実装もオープンなものをうまく組み合わせており、完成度や実用性も評価して大賞とした。

 

   部門賞の「360HDR」は誰もが望んでいた機能で、イノベーティブというより正常進化だが、完成度は高く有益であるということで。「3Dパノラマ画像計測システム PanoMeasure2」はRICOH THETAを活かしてここまでできるという圧倒的な実用性――純粋にプロ向けだが、手軽なアプリになれば「家具屋に行ったときに、その場で自宅の必要な寸法がわかる」といった一般向けお役立ちアプリになるかもという可能性もある。「Ambisonics360マイクロフォン」は、360度の映像にプラスαとして音を組み合わせようというRICOH THETAの全天球動画をHMD(ヘッドマウントディスプレイ)で見るときにすぐ出てくる課題──ただしハードルが高い課題に正面から挑戦したパワーと将来性を評価した。

 

   なお、選定基準と違った観点──いわば「カワイイ」とか「面白さ」といったものを前面に出した何点かの作品が選定の場で話題になり、急遽「審査員特別賞」を設ける事となった。代表的なのが「なかよしボックス」で、向かい合っている人たちの互いの表情を一度に撮れるというRICOH THETAの機能は──「なかよし」同士ならとっても楽しい(「なかよし」同士でなければ、非常に気まずい)ということで、その機能のみ純粋にわざわざ大掛かりな箱で抽出するというコンセプトが、まさにイノベーティブ。こんな応募作はまったく想定外ということで、審査員特別賞がふさわしいとなった。

 

   今後コンテストを続けるにあたり、次回は選定基準に「カワイイ・面白い」も加えたいと思っている。しかし、それでもまたまったく想定外の作品が出てくるのではないか──そういう「びっくり箱」的可能性を感じさせる第一回目のコンテストであった。

 

※全講評はコンテスト専用サイトをご覧ください。

 

開催概要

主催 株式会社リコー
共催 YRPユビキタス・ネットワーキング研究所
協力 日本科学未来館
審査基準 イノベーティブなもの
以下のポイントから総合的に判断します。
・ 革新性(独創性)があるか
・ 夢(将来性、発展性)があるか
・ 有益性(実用性)があるか
審査員 東京大学大学院情報学環教授 坂村健
日本科学未来館 科学コミュニケーション専門主任 小澤淳
NAKED Inc. 代表 村松亮太郎
アートジャーナリスト Dora Tauzin
株式会社リコー 代表取締役 会長執行役員 近藤史朗
表彰内容 大賞1点 100万円および副賞
部門賞各1点 50万円および副賞
- アプリケーション API部門賞
- アプリケーション ユーティリティ部門賞
- ガジェット部門賞
RICOH THETA賞 5点 30万円および副賞
審査員特別賞 3点 副賞のみ
コンテストサイト http://contest.theta360.com/
http://award.contest.theta360.com
入賞作品の紹介、審査員講評など

 

※ニュースリリース記載の会社名および製品名は、それぞれ各社の商号、商標または登録商標です。

 

 

| YRPユビキタス・ネットワーキング研究所について |

YRPユビキタス・ネットワーキング研究所は、身の回りのあらゆるモノに、通信能力を有するマイクロコンピュータやセンサ、アクチュエータ等が埋め込まれ、それらが相互に情報交換を行いながら協調動作し、人間生活をより高度にサポートする、ユビキタス・コンピューティング、ならびにモノのインターネットと称される Internet of Things の技術に関する研究開発を推進しています。
www.ubin.jp

 

| 日本科学未来館について |

日本科学未来館は、さまざまな分野に波及する先端科学技術の営みについて、私たちを豊かにする文化の一つとして社会全体で共有することを目指しています。常設展、企画展、イベントの実施、人材育成や各種のネットワーク形成を通じて、先端科学技術の情報発信と伝達手法の開発を行っています。

 

※リコーは、日本科学未来館の理念に賛同し、2006年10月からオフィシャルパートナーとしてその活動を支援しています。

このニュースリリースはPDFファイルでもご覧いただけます


| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器、プロダクションプリントソリューションズ、ドキュメントマネジメントシステム、ITサービスなどを世界約200の国と地域で提供するグローバル企業です(2015年3月期リコーグループ連結売上は2兆2,319億円)。
人と情報のかかわりの中で新しい価値を生む製品、ソリューション、サービスを中心に、デジタルカメラや産業用の製品など、幅広い分野で事業を展開しています。高い技術力に加え、際立った顧客サービスや持続可能社会の実現への積極的な取り組みが、お客様から高い評価をいただいています。
想像力の結集で、変革を生み出す。リコーグループは、これからも「imagine. change.」でお客様に新しい価値を提供していきます。
より詳しい情報は、下記をご覧ください。
http://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。