Skip to main contentSkip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

A3モノクロプリンター「RICOH SP 6450」を新発売

~用紙の取り間違いを防止する2WAY排紙機構を搭載~

2015年7月21日
株式会社リコー

   株式会社リコー(社長執行役員:三浦善司)は、A3モノクロプリンターの新製品として「RICOH SP 6450」を発売します。

 

   新製品は、排紙部に仕分け機構を設け、出力文書の取り間違いを防止できるようにしました。
   個人情報を含んだ書類を出力することが多い窓口業務では、用紙の取り間違いを防ぐために、オペレーター1人につき1台ずつプリンターを設置している場合があり、業務スペースと経費を圧迫しています。
   今回の新製品を導入いただくことで、取り間違いを防止しながら、1台のプリンターを共有して使うことが出来るようになり、台数削減による省スペースと経費削減を実現します。
   また、今年2月に発売した「RICOH SP 6400シリーズ」のラインアップ機としても位置づけ、コンパクトボディ、優れた環境性能、幅広い用紙対応力など好評をいただいている特徴をそのまま引き継いでいます。

 

   官公庁、自治体、医療機関、金融機関など窓口業務を行っているお客様をはじめ、一般オフィスにおいても用紙取り違いを防止できる為、セキュリティニーズの高いお客様への導入を促進してまいります。

 

製品名 RICOH SP 6450
連続プリント速度(A4ヨコ) 毎分38枚
排紙量 下トレイ:450枚、上トレイ:50枚
標準価格(消費税別) 188,000円
発売日 2015年7月28日
販売台数 500台/月

 

画像:RICOH SP 6450
RICOH SP 6450


| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器、プロダクションプリントソリューションズ、ドキュメントマネジメントシステム、ITサービスなどを世界約200の国と地域で提供するグローバル企業です(2015年3月期リコーグループ連結売上は2兆2,319億円)。
人と情報のかかわりの中で新しい価値を生む製品、ソリューション、サービスを中心に、デジタルカメラや産業用の製品など、幅広い分野で事業を展開しています。高い技術力に加え、際立った顧客サービスや持続可能社会の実現への積極的な取り組みが、お客様から高い評価をいただいています。
想像力の結集で、変革を生み出す。リコーグループは、これからも「imagine. change.」でお客様に新しい価値を提供していきます。
より詳しい情報は、下記をご覧ください。
http://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。