Skip to main contentSkip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

全天球画像がもっと楽しく、もっと使いやすくなる
新開発の画像編集アプリ「THETA+」を提供開始

~防滴ケース等、「RICOH THETA」用アクセサリーやアプリ機能も大幅に充実~

2015年7月7日
株式会社リコー
リコーイメージング株式会社

   株式会社リコーとリコーイメージング株式会社は、全天球カメラ「RICOH THETA(リコー・シータ)」で撮影した画像を編集できる専用アプリ「THETA+(シータプラス)」を新たに開発、提供を開始いたします。
   本アプリは、「RICOH THETA」で撮影した全天球イメージのトリミングやプロジェクション形式設定、色調の変更等をスマートフォン上で簡単におこなえる専用アプリです。編集した画像は、InstagramやFacebook等に投稿し、簡単に共有することが可能です。
   また、「RICOH THETA」用のアクセサリーとして、新たに防滴ケースと携帯性に優れたソフトケースの発売も開始いたします。さらに、「RICOH THETA (m15)」用に、全天球動画が従来の3分間から最長5分間まで録画可能になる最新のファームウェア(バージョン1.30)もリリースいたします。
   これらの新しいアプリやアクセサリー、バージョンアップしたファームウェアをご活用いただき、全天球イメージの世界をお楽しみください。

 

1. 画像編集専用アプリ「THETA+」の特長

  • 撮影した全天球イメージを自由な形にトリミングすることができます。
  • 全天球イメージのプロジェクション形式を選択することができます。撮影した画像を小さい球体状に再生して空間に浮かび上がらせるリトルプラネット形式など、従来の「RICOH THETA」アプリでは実現できなかった全天球イメージの画作りが可能になります。
  • 5種類のフィルターから1つを選択し、全天球イメージの色調を変更することができます。
  • InstagramやFacebookなどの外部アプリに投稿することが可能です。
  • 一定間隔で何度か撮影した全天球イメージを組み合わせて、ひとつの動画ファイルとするタイムラプス動画を作成することができます。作成したタイムラプス動画は、「RICOH THETA」アプリで全天球動画として閲覧することができます。
  • 従来の専用アプリ、「RICOH THETA for iPhone」や「RICOH THETA for AndroidTM」と連携して、撮影後すぐに画像の編集をおこなうことも可能です。

 

アプリ名称 「THETA+ for iPhone」
リリース日 近日中
ダウンロード方法 App Store からインストール
対象機種 iOS8以降、iPhone5C/iPhone5S/iPhone6/iPhone6Plus
費用 無償

 

アプリ名称 「THETA+ for Android」
リリース日 近日中
ダウンロード方法 Google play からインストール
対象機種 Android4.4以降 ※すべての機器での動作を保証するものではありません。
費用 無償

 

2. THETA専用アクセサリーを拡充

1)頑丈な透明ポリカーボネート製の防滴ケース「Hard Case TH-1」

  • 水辺などでの撮影に適した、IPX7相当の防水性能を備えたハードタイプのケースです。
    ※水中での撮影はできません。撮影はスマートフォンからのリモート操作のみとなります。
  • 三脚座を備えているので、さまざまなカメラアクセサリーに取り付けることが可能です。

 

製品名 「Hard Case TH-1」
発売日 2015年7月17日
価格 オープン価格
本体色(底部) ブラック

 

2)機能性と保護性を兼ねそなえたスロットインタイプの収納ケース「Soft Case TS-1」

  • 小型・軽量の「RICOH THETA」に似合う、持ち運びしやすいデザインのケースです。合皮仕様で、カラーバリエーションは白と黒の2色を用意しています。
  • 専用オプション「ストラップ用アタッチメント」を装着したまま、収納することが可能です。
製品名 「Soft Case TS-1」
発売日 2015年7月17日
価格 オープン価格
本体色 ホワイト、ブラック

 

3. 「RICOH THETA (m15)」用ファームウェア(バージョン 1.30)をリリース

  • 1回の動画記録時間が最長5分になります(従来バージョンでは3分まで)。
  • 「RICOH THETA (m15)」内に保存できる合計記録時間が、従来の約40分から約60分になります。
名称 「RICOH THETA (m15)」用ファームウェア(バージョン1.30)
リリース日 近日中
バージョンアップ方法 パソコン用アプリケーション「RICOH THETA for Windows®」もしくは「RICOH THETA for Mac」からファームウェアのバージョンアップが可能です。
費用 無償

 

・Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
・Androidは、Google Inc.の商標です。
・Facebookは、Facebook, Inc.の登録商標です。
・Instagramは、Instagram LLCの商標です。
・iPod touch、Macは、Apple Inc.の商標です。
・iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
・iOSは、米国およびその他の国における商標またはシスコの登録商標であり、ライセンスのもとに使用されます。

関連コンテンツ


| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器、プロダクションプリントソリューションズ、ドキュメントマネジメントシステム、ITサービスなどを世界約200の国と地域で提供するグローバル企業です(2015年3月期リコーグループ連結売上は2兆2,319億円)。
人と情報のかかわりの中で新しい価値を生む製品、ソリューション、サービスを中心に、デジタルカメラや産業用の製品など、幅広い分野で事業を展開しています。高い技術力に加え、際立った顧客サービスや持続可能社会の実現への積極的な取り組みが、お客様から高い評価をいただいています。
想像力の結集で、変革を生み出す。リコーグループは、これからも「imagine. change.」でお客様に新しい価値を提供していきます。
より詳しい情報は、下記をご覧ください。
http://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。