Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

鉄スクラップを100%原料とする電炉鋼板の採用開始
東京製鐵と共同で事務機用鋼板を開発

2012年3月27日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗、本社:東京都中央区、以下リコー)は、事務機器の部品に利用する鋼板として必要な特性を満足する電炉鋼板(※1)を東京製鐵(株) (社長:西本利一、本社:東京都千代田区、以下東京製鐵)と共同で開発し、2012年度中に、発売される複合機から採用を開始していくことを決定しました。電炉鋼板を事務機に採用するのは、事務機業界で初めてとなります。
(※1)原則として、鉄スクラップを100%原料とする鋼板


 これまで電炉鋼板は、強度特性を重視する建築用として利用されることが大半でしたが、両社の共同開発により、事務機で求められる薄板化(厚さ2mm以下)や電気伝導性、加工性などの面で品質性能を確保し、事務機への採用が可能となりました。


 具体的には、リコーが主に事務機に必要な材料特性を特定することで、東京製鐵が薄板化やめっき薄膜化、電気伝導性向上、プレス加工性向上などに特化した材料開発を行い、加えて同社が持つ高い不純物除去技術や圧延技術により、高性能の事務機用鋼板の開発・生産を実現させました。


 リコーは、将来にわたって限りある資源を利用していくためには、鉄スクラップを原料とする電炉鋼板を適用可能な用途からでも利用し始めることが大切であると考えています。今回開発した電炉鋼板は、高炉鋼板(※2)に比べ延性等の特性で課題があるため、現在は各部品に求められる加工性の難易度から部品を選定し採用しています。今後は、適用範囲の拡大に向け深絞りの加工のような高度な加工への対応も視野に入れ、東京製鐵と共同で材料特性の改善などの開発を引き続き進めていきます。
(※2)鉄鉱石の還元反応から抽出された銑鉄より作られる鋼板


 リコーは、持続可能な社会の構築に向け、地球から新たに採取する資源を2050年までに87.5%削減する目標を掲げており、電炉鋼板を採用していく本取組も新規投入資源量削減に向けた重要な活動のひとつと位置づけています。


このニュースリリースはPDFファイルでもご覧いただけます