Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

お知らせ

世界包装機構「ワールドスター2018」コンテストで「複写機用新循環型エコ包装」が「ワールドスター賞」を受賞

2018年5月8日
リコーテクノロジーズ株式会社
WorldStar Winner 2018

このたび、世界包装機構(WPO:World Packaging Organization)主催の「ワールドスター2018」コンテストにおいて、リコーテクノロジーズ株式会社の「複写機用新循環型エコ包装」が「ワールドスター賞」を受賞しましたのでお知らせいたします。表彰式は2018年5月2日にオーストラリア・クイーンランド州で執り行われました。

このコンテストは、各国の包装団体で表彰された最新の技術やアイデアを備えたパッケージの中から、さらに厳選して世界に紹介することを目的として開催される国際的なコンテストです。保護性・保存性、使いやすさ、デザイン性、経済性、環境対応性などが考慮され、今年度は38カ国318点の応募から200点がワールドスター賞を受賞しました。日本からは、日本パッケージングコンテスト受賞作品からエントリーした26点が受賞しました。

「ワールドスター賞」を受賞した「複写機用新循環型エコ包装」は、従来活用していた循環型エコ包装に比べ、循環効率や、耐久性をさらに向上させるために、設計上2つの工夫が施されています。

1つめは「包装材回収時のスタック性改良」です。これにより、体積を最小限に縮小し、低コスト、高効率な回収を実現します。2つめは「軽量化」と「繰り返し使用時の耐久性確保」の両立です。自社の構造解析技術を用いることにより、従来の循環型エコ包装に対し約45%の減量を図りつつ強度確保を実現し、作業者の負荷軽減と作業効率の向上が見込まれます。

この結果、さらに「材料使用量」及び「CO2の発生量」を抑制し、最小限にした「新循環型エコ包装」は、使いきり型の包装材と比べて大幅な環境負荷低減を実現します。(2018年度見込み 材料使用量:年間91.2t低減、CO2発生量:年間153.7t低減)

受賞した包装材



| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器を中心とした製品とサービス・ソリューション、プロダクションプリンティング、産業用製品、デジタルカメラなどを世界約200の国と地域で提供しています。(2018年3月期リコーグループ連結売上は2兆633億円)。

創業以来80年以上にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能な社会にむけて積極的な取り組みを行っています。

EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES - 人々の"はたらく"をよりスマートに。リコーグループは、さまざまなワークプレイスの変革をテクノロジーとサービスのイノベーションでお客様とともに実現します。

詳しい情報は、こちらをご覧ください。
http://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。