Skip to main contentSkip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

お知らせ

日本初、音響通信で制御するコミュニケ―ションロボットでの外国語ガイドサービスを開始

~明治座インバウンド向け公演「SAKURA-JAPAN IN THE BOX-」にて提供~

2017年1月10日
株式会社明治座
シャープ株式会社
株式会社リコー
エヴィクサー株式会社

   株式会社明治座(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三田芳裕、以下明治座)、シャープ株式会社(本社:大阪府堺市、代表取締役社長:戴正呉、以下シャープ)、株式会社リコー(本社:東京都中央区、社長執行役員:三浦善司、以下リコー)、エヴィクサー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:瀧川淳、以下エヴィクサー)は、日本で初めて*1「人の耳には聞こえない透かし音(非可聴音)」を用いたコミュニケ―ションロボットによる外国語ガイドサービスを訪日外国人観光客(インバウンド)向けに2017年1月16日から、明治座館内で開始いたします。

 

   本サービスは、明治座インバウンド向け公演「SAKURA-JAPAN IN THE BOX-」(以下SAKURA)を観劇するために訪れる訪日外国人に対して、コミュニケ―ションロボットRoBoHoN(以下ロボホン)が外国語でSAKURAの内容や明治座の歴史、明治座館内で販売されるお土産や館内設備をご案内するものです。館内に設置されたブースでは公演のプロモーションビデオに同期してロボホンがプレゼンテーションを行います。また、館内の随所に配置された音波ビーコン*2から発せられる非可聴音をロボホンが取得することにより、ロボホンの位置を高精度に測位することが可能です。これにより、来場者がロボホンを持って館内を歩けば、場所に合わせて、店舗や設備等の説明をロボホンが行います。

 

   本取り組みは、明治座が公演の主催と館内のお客様向けサービスの提供、シャープがロボホンのアプリケーションを開発・提供、リコーが音波ビーコンと位置情報サービスの仕組みを開発・提供、エヴィクサーが音響通信技術を開発・提供しています。

 

   インバウンド市場が拡大する中、本企画により、ICTを用いた「日本文化」の発信に貢献します。

 

明治座のインバウンド向け公演「SAKURA-JAPAN IN THE BOX-」とは

   日本が誇る伝統芸能と、経済産業省が推進する「クールジャパン戦略」の有力コンテンツであるアニメを、和の世界観で融合。日本初の女性アクロバットダンス・カンパニー「G-Rockets」を主宰する多田誠氏が総合演出を手掛ける、光、映像、音楽で魅せる新感覚パフォーマンスで、夜のTOKYOインバウンド需要を満たし、盛り上げていきます。

公演概要

公演タイトル:「SAKURA -JAPAN IN THE BOX-」

URL:http://sakura-meijiza.com/

公演日程:2016年9月7日(水)〜2017年3月31日(金)

 

画像:プレゼンブースでのRoBoHoN制御の仕組み

画像:音波ビーコンとRoBoHoNの仕組み

 

*1 音響通信で制御するコミュニケーションロボットにおいて(2017年1月10日現在。)

*2 音波ビーコンとは、人の耳には聞こえない特殊な高周波音を発信する装置です。開発した特殊スピーカーを装備し、周辺環境に即した音の強度および音場を作ることが可能。



| リコーグループについて |

リコーグループは、ドキュメントマネジメントシステム、ITサービス、プロダクションプリントソリューション、ビジュアルコミュニケーションシステム、デジタルカメラ、産業用製品·サービスなどを世界約200の国と地域で提供するグローバル企業です(2016年3月期リコーグループ連結売上は2兆2,090億円)。

創業以来80年にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能社会の実現への積極的な取り組みを行ってきました。

想像力の結集で、変革を生み出す。リコーグループは、これからも「imagine. change.」でお客様に新しい価値を提供していきます。

より詳しい情報は、こちらをご覧ください。
http://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。