Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

使用済み製品 回収システム


日頃はリコー製品へのご愛顧を賜り誠に有難うございます。
リコーグループでは、持続可能な社会実現のコンセプトとして制定したコメットサークルの考えに基づき環境負荷削減に取組み、循環型社会を実現する為に、製品の回収リサイクルや徹底的な資源の効率利用で省資源化を進める活動を行っています。

広域認定制度とは

廃棄物処理法の特例制度。使用済みの自社製品を産業廃棄物として扱い、広域的・全国的な回収・再生・再資源化を実施するために、製造事業者等((株)リコー、リコージャパン(株))が環境省に申請し、大臣が認定する制度です。

システム概要


1当システムの範囲
使用済みリコーブランド製品が対象となります。


1当システムの開始
・2005年6月1日 (株)リコーとして運用開始。
・2014年7月7日 (株)リコー、リコージャパン(株)の共同認定として運用開始。


1回収・処理の概要
お客様の使用済み製品を、全国規模で回収・再生・再資源化を行います。

回収・処理の仕組み

回収・処理の仕組み

お客様のメリット

使用済製品処理委託契約を契約頂ければ、資源の有効利用はもとより、お客様の以下の業務の簡素化になります。


1お客様でのマニフェスト管理・発行が不要になります。リコーグループが責任を持って適正処理を行います。

2リコーグループと契約を締結することで収集運搬業者や処分業者との契約は不要となります。