Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

プロテクターコーティング技術

オフセットコート紙対応を可能にした、
“紙素材の表面性状を保持”するサプライシステム技術

画像:オフセットコート紙対応を可能にした、”紙素材の表面性状を保持”するサプライシステム技術

高速連続用紙インクジェット・プリンティング・システムRICOH Pro VC60000は、今までのIJ(インクジェット)連帳機では印刷できなかった、水性インクの吸収性に乏しいオフセットコート紙に対しても、高速、高画質の印刷を実現しました。RICOH Pro VC60000は、アンダーコーティング、印刷、プロテクターコーティング、乾燥の4つに機能分離したユニットで構成されています。

アンダーコートユニット: インクのムラやざらつきを防ぐため、アンダーコート液を塗布
印刷ユニット: 速乾性顔料インクを用紙に吐出し画像を形成
プロテクターユニット: 印刷面を保護するため、プロテクターコート液を塗布
乾燥ユニット: ヒーターによってインク等のサプライを乾燥定着させる

ここでは、プロテクターコーティング技術をご紹介します。

背景

従来、印刷後の用紙(印刷面)に対して外部からの摩擦が生じると、インクがはがれてしまい画質が劣化してしまうことがありました。

画像:プロテクターコートなし
図:プロテクターコートなし

解決したこと

印刷後のインクに対して、樹脂と潤滑剤を主成分とするプロテクターコート液を塗布することで、印刷面を保護し、摩擦などによるキズ耐性を向上しました。

画像:プロテクターコートあり
図:プロテクターコートあり

技術の特徴

独自の摩擦力低減方式により、オフセットコート紙の紙表面性状を維持しつつ、印刷面を保護することを可能にしました。

プロテクターコート液の塗布プロセス
まず、印刷面のインクに対して、樹脂と潤滑剤を含むコート液を塗布します。そして、次の乾燥工程で、コート液の溶媒を蒸発させて除去することで、インクをコーティングします。
こうすることで、ムラのない均質な膜を形成して、インク皮膜の強度を確保することができます。また、インク面上の表面摩擦係数を下げて摺動*1性を高めることができ、その結果、摩擦などによるキズ耐性が向上しました。本技術には、リコーが培ってきたIJインク材料技術が活かされています。

*1 用紙を滑らせながら動かすこと

画像:プロテクターコート液の塗布プロセス
図: プロテクターコート液の塗布プロセス

プロテクターコート液の塗布方法
リコーが開発したプロテクターコート液は、微小な塗布量でも耐摩擦性向上の機能を実現することが可能なため、アンダーコーティングで採用した、薄膜塗布が可能なローラー塗布方式でさえ過剰な塗布量になってしまいます。
そこで、プロテクターコーティングでは、微小な塗布量を正確に制御することが可能なインクジェットヘッドによる塗布方式を採用しました。
ローラー塗布方式のように印刷面全体をコーティングするのではなく、IJヘッドによる塗布方式で適量のコート液をインク上に塗布するため、用紙毎の紙表面性状を維持しつつ、耐摩擦性が向上できます。
本技術では、リコーが培ってきたIJヘッド技術が活かされています。

本技術の分類:  分野別  「プリンティング」  |  製品別  「プロダクションプリンター」