Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

公共構造物点検システム

橋梁の近接目視点検を支援する球殻ドローンと点検調書作成システム

背景

社会インフラの老朽化が世界的な社会問題となる中、国や自治体の負担する維持管理コストは増加の一途を辿っています。
検査員は人手不足の上、作業には高所作業等の危険が伴います。

こんな事を解決

人の行けない場所は、球殻ドローン※で!
危険な作業を機械に任せると同時に、画像撮影と調書作成など手間のかかる作業をシステムに任せることで、点検の効率がアップします。

技術の特徴

1.球殻ドローンのため、安全に橋梁の床版や支承部に近づける
球殻が衝突の衝撃から点検対象構造物やドローン自身を守ります。
適切な距離を保って飛行することができるため、ドローン操縦に不慣れな人でも飛行させることができます。

画像:1.球殻ドローンのため、安全に橋梁の床版や支承部に近づける

球殻ドローン

2.接写(マクロ)撮影像の3次元復元およびパノラマ画像生成
リコーのカメラと画像処理技術を活かし、撮影した画像を自動的に再構成します。
写真を一枚ずつ見る手間を省き、異常個所を簡単に確認できます。

画像:2.接写(マクロ)撮影像の3次元復元およびパノラマ画像生成

3.点検要領に従った、点検調書の作成支援
撮影画像と位置情報との紐付け作業など、手間のかかる作業をシステムで代行します。

画像:3.点検要領に従った、点検調書の作成支援

点検調査報告書

リコーの想い

安心・安全な社会の実現に画像処理技術とシステムインテグレーションで貢献していきます。
今後は、各種構造物の点検・巡視、あるいは、警備・監視、物流・輸送などへの応用も検討していきます。

※本開発は、内閣府「SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)インフラ維持管理・更新・マネジメント技術」(管理法人NEDO)の支援により、東北大学、(株)千代田コンサルタント、(一財)航空宇宙技術振興財団、東急建設(株)の共同で開発を行っております。