Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

屋内位置測位

屋内/屋外のシームレスナビゲーションをスマートフォンで実現します。

背景

国内外から多くの観光客を迎える東京では、観光地まで複雑な鉄道の乗り換えなどが必要となり、スマートなナビゲーションが求められています。
屋外のナビゲーションはGPS(全地球測位システム)ですでに実現できていますが、建物の中や地下に入ると、位置が分からなくなってしまいます。
リコーは、屋内屋外シームレス測位を実現するための社会インフラを整備することを目指して、屋内位置測位の研究に取り組んでいます。

こんな事を解決

社会課題を測位で解決するためには、測位技術が社会インフラとして広く普及することが重要です。
そのための課題は、以下の2つです。

  • アプリケーションにおける実用的な測位精度/信頼性を実現すること
  • インフラとしての導入コスト/運用コストを抑えること

リコーでは、人が所持しているスマートフォンの機能を利用し、必要最低限の場所に設置したビーコン(位置情報などを発信する基地局)による測位をPDR(Pedestrian Dead Reckoning:歩行者自律航法)で補間するハイブリッドシステムを開発することにより、課題の解決を目指しています。

画像:PDRの組合せイメージ

技術の特徴

PDRとは、スマートフォンなどに搭載されている9軸モーションセンサーを用いて人の歩き方を感知し、ある地点からどのように動いたかを計算しながら位置を測定する技術です。
リコーのPDRの特徴は、以下の3点です。

  • 様々な持ち方(手に持つ、ポケットに入れる、など)に素早く対応
  • レスポンス性能(リアルタイム性)
  • PDRの誤差をビーコンで補正し絶対位置を取得(緯度・経度・高度)

リコーでは、様々な持ち方に対応し、応答速度の速いアルゴリズムを開発すると同時に、各種ビーコン装置と組み合わせることによって、より正確な位置検知を実現しています。

動画:技術の特徴

屋内測位の取り組み動画

画像:各種ビーコン

図:各種ビーコン
※ BLEとは、Bluetooth® Low Energyの略称です。

リコーの想い

これからは、以下のことを実現したいと考えています。

  • 測位システムの普及促進のため、安価で常時稼動するビーコンシステム+PDRを開発
  • 位置情報だけではなく、スマートフォンのセンサー情報をフル活用して、価値を提供