Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

自動車向け画像認識・処理

クルマの目で運転手のクセが分かります。

背景

自動車事故や運転状況の確認のため、ドライブレコーダーで運転中の状況を撮影することがタクシーやトラックなどの商用車等では一般的になり、事故などの状況確認に役立っています。
リコーはより車社会の安全に貢献したいと考え、ドライブレコーダーで撮影した画像データを活かし、事故の原因になりうる状況を検知するシステムを開発しました。

こんな事を解決

その人に特有な運転のクセを見つけて、注意するべき点をフィードバックすれば、より安全運転につながります。

事故につながりうる状況には、スピード違反、一時停止無視、車間距離の詰めすぎ、信号無視などがあり、カメラの画像を用いてそれらを自動的に捉えるシステムを開発しました。

運転状況を捉えている様子。標識や信号情報が検知できている。

認識可能な項目

  • 前の車との距離
  • 車道のレーン、アスファルトと地面の境界

画像:前の車との距離・車道のレーン、アスファルトと地面の境界)

  • 信号や標識(速度制限、一時停止、スクールゾーン、など)

画像1:信号や標識(速度制限、一時停止、スクールゾーン、など)

画像2:信号や標識(速度制限、一時停止、スクールゾーン、など)

技術の特徴

運転状況の判断には、車両、信号や標識などの特徴を的確に捉え、認識率を上げる事が重要です。リコーは培った光学系と画像処理を活かし、画像認識の精度を向上しています。

  • 独自の光学系と画像処理で、物体の形状や特徴を的確に捉える
  • 機械学習で認識率の性能アップ

リコーの想い

今後も、リコーの持つ技術資産を活かし、周りの状況をより正確に捉えてフィードバックできるシステムを研究していきます。