Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

先輩社員の声

マシンビジョン・画像処理

画像:渡辺 修平さん

<質感定量化技術の開発>
「質感」というあいまいな概念を共通言語化して、
様々な分野に展開したい!

渡辺 修平

デザイン工学部 システムデザイン学専攻
2015年入社


画像:渡辺 修平さん

世の中にない技術を創りだすことはとてもやりがいがあります。最先端の技術開発をしたいと思う新しい仲間と、挑戦し続けていきたいです。

*
日本感性工学大会 優秀発表賞
*
日本色彩学会 研究奨励賞

画像:佐藤 裕之さん

<全天球カメラ等の光学設計>
意気込みとあきらめない心、そしてリコーならではの技術で未来を創る光学製品を生みだす!

佐藤 裕之

工学系 光学専攻
2011年入社(中途)


画像:佐藤 裕之さん

研究は一人でするものではなく、皆で話しあって挑戦するもの。視野を広く保つために幅広い興味を持ってください。

ヘルスケア

画像:金 碩燦さん

<脊磁計の研究開発>
リコーにとっても自分にとっても新しい挑戦!
医療機器の実用化を実現したい!

金 碩燦

工学部 電気電子工学科専攻
2011年入社


画像:金 碩燦さん

大学との共同研究や国家プロジェクトへの参画など、オープンイノベーションにも積極的に取り組んでいます。それぞれの強みを活かして、世の中に新しい価値を提供できるよう日々頑張っています。

画像:林 和花さん

<再生医療分野の研究>
日本生まれフランス育ちの私。グローバルに再生医療を立ち上げて世界中の人達に喜んでもらいたい!

林 和花

理学系 分子生物学専攻
2014年入社(中途)


画像:林 和花さん

グローバル企業であるリコーが、本気でバイオメディカル分野に挑んでいることに共感しました。
互いの文化の違いを受けいれ、力を合わせながら、どんどん盛り上げて行きたいです。

エネルギー

画像:北村 恵さん

<発電ゴムの研究開発>
まだ世の中にない技術をきちんと使える形にまで育てて、「世界初」と誇れる仕事をしたい!

北村 恵

理工学部 機械工学科専攻
2013年入社


画像:北村 恵さん

長く働きたいので、女性の働きやすさが気になっていました。リコーは女性採用に積極的でしたし、実際に周りの女性の皆さん、産休育休から復帰して活躍しています。

IoT・データアナリティクス

画像:相﨑 友保さん

<AIによる新たな価値創出>
AI・データアナリティクスの技術を駆使して、さまざまな現場・お客様の働き方に革命を起こしたい!

相﨑 友保

工学部 情報・計算機工学専攻
2011年入社


画像:相﨑 友保さん

世界で通用するAI・データアナリティクスの技術を磨くため、社外コンペにも積極的に参加しています*
社内のデータサイエンティストを育てる環境も整ってきています。

*
人工知能学会主催 データ解析コンペティション 入賞, 招待講演
*
人工知能技術戦略会議主催 第1回AIチャレンジコンテスト アイデア賞 1位
*
KaggleでCompetitions Expertの称号を獲得

画像:本橋 直樹さん

<3Dセンシングカメラの開発>
AIを「コア」とした世界一の測距カメラを作る!

本橋 直樹

理工学研究科 情報科学専攻
2012年入社


画像:本橋 直樹さん

光学やデバイス等、ハードウェアに関わる独自データをベースとしたAIの研究開発ができます。このようなデータを使ったAIの研究はベンチャーではできない醍醐味でもあるので、是非、メーカーのデータサイエンティストを目指してみてください!

材料・デバイス

画像:鴨田 紀一さん

<3Dプリンターの材料開発>
構造用セラミックス3Dプリンター技術を開発し、世の中のモノづくりに革新を起したい!

鴨田 紀一

工学部 物質工学科学専攻
2015年入社


画像:鴨田 紀一さん

熱意と行動力があれば、どんなことでもチャレンジできます。学生時代から興味のあった事に取り組めており、とてもやりがいを感じています。

画像:下川 達也さん

<測色センサーの開発>
ライバルは“世界一”。
常に世界に目を向け、ものづくりの最前線を目指したい!

下川 達也

理工学部 物理学科専攻
2013年入社


画像:下川 達也さん

やりたいことをやらせてもらえる。
若手の意見でも良いものは取り入れてもらえる。
研究所はそんな風土なので、まずはしっかりと自分を持ってください。