RICOH imagine. change.
画像:nano tech 2019 出展レポート1
画像:nano tech 2019 出展レポート2

産業分野とヘルスケア分野に応用される技術を展示

2019年1月30日から3日間、東京ビッグサイトで開催された世界最大のナノテクノロジー総合展&技術会議「nano tech 2019 第18回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議 」が開催されました。
リコーは「想像しよう 未来の社会を ともに」をコンセプトに、産業分野やヘルスケア分野に応用されている研究開発中の技術をご紹介しました。世界各国より多くのお客様にお越しいただき、誠にありがとうございました。

リコーブースの様子(バーチャルブース)

インクジェット技術、光学・レーザ術、材料・デバイス技術を応用し、インダストリー分野、ヘルスケア分野においてリコーが目指す業務革新や新しい価値提供に向けて、研究開発を進めている技術をご紹介しました。

ブース展示内容ダイジェスト

機能する印刷

インクジェット電池印刷

リチウムイオン二次電池をデジタル印刷製造する

バイオ3Dプリンター1

バイオ3Dプリンター2

インクジェットで細胞数と細胞配置の精密制御を可能にする

技術紹介

インクジェットプリンティング法によるピエゾ膜の形成技術

高出力薄膜ピエゾを実現し、振動デバイス等を印刷で形成する

技術紹介

画像:機能する印刷

革新的材料・デバイス

発電ゴムを用いた環境発電電源

圧力・振動で発電する独自材料によりICを駆動する

技術紹介

小型近赤外分光技術

MEMS応用により小型で低コストの分光器を実現する

小型レーザ3Dスキャナ

レーザスペックルノイズを低減し、小型・軽量ながら高精度計上計測を実現する

製品紹介

画像:革新的材料・デバイス