Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

リコー コラボレーション ハブ

RICOH Collaboration Hub

リコーものづくり共創/ビジネス共創スペース

RICOH Collaboration Hub

リコーものづくり共創/ビジネス共創スペース

Concept

コラボレーションからはじめる共創実践

お客様や協業パートナー様とのコラボレーションによる共創活動の場『リコー コラボレーション ハブ』。
リコーグループの技術のタネをきっかけに、ものづくりやビジネスを具現化。

ミーティングなどコミュニケーションを図るだけではなく、具体的な技術や開発試作品などを見ながら共有し、
共に知恵を出し合い新たな価値を創出していきます。

About

共創実践活動と機能概要

「リコー コラボレーション ハブ」は、リコーグループ最大の研究開発拠点「リコーテクノロジーセンター」から
徒歩数分の場所に開設することで、技術や人材の密な連携により共創活動を加速します。

技術の強みや可能性をお客様や協業パートナー様に知っていただき、
互いのアイデアをカタチにしたり、
事業化に向けたミーティングまで必要なコンテンツをワンフロアで直結させています。

Collaboration

コラボレーション

「リコー コラボレーション ハブ」では、リコーグループの技術開発テーマをベースとした
ものづくり共創やビジネス共創を実践する、お客様や協業パートナー様を募集しています。
募集対象の技術開発テーマは次の通りです。

技術開発テーマ
汎用カメラを用いた 自律神経計測技術

ヘルスケア 技術概要 リコーの画像処理技術を活用し、自律神経の状態を測定できる独自技術。汎用カメラ(PC標準等)による簡単測定が可能。
共創目的
  • 自律神経データを活用した新規サービスの共同企画、共同開発
  • 自律神経データと他バイタルデータを組み合わせた新規技術の共同開発
想定パートナー様
  • バイタルデータを活用した健康増進・予防サービスの開発・提供をご検討されている事業者様

技術開発テーマ
自律走行AGVによる 倉庫内搬送システム技術

ロボット 技術概要 高速な経路検索アルゴリズムにより、AGV(Automatic Guided Vehicles)の最適ルートと作業者の指示割り当てを作成。
GPSの使えない屋内でも、無軌道で移動することが可能。
共創目的
  • デモ&ヒアリングをしながら商品価値を作っていく活動
  • 対象のパートナー様との実証検証
想定パートナー様
    • 卸売・小売・物流等の流通業者様
    • 物流センター業務として、ピッキング現場をお持ちのお客様
    (大規模な自動化までは必要としないが、商品棚入れ、ピッキング、仕分け等の作業を人手で行っていて、今後省力化していきたいお客様を探しています)

技術開発テーマ
製造業/物流センター向け軽作業ロボット

ロボット 技術概要 棚入れ/棚出しロボ:棚から荷物(箱形状)を取出し、所定の位置(出荷担当)まで配送
パレタイズ/デパレタイズロボ:パレット上の荷物(箱形状)を置いたり(パレタイズ)取ったり(デパレタイズ)する
共創目的
  • 利用用途や実用性についてのご意見・情報収集
  • お客様先での実証実験(業務への利活用)
想定パートナー様
  • 省人化に活用する自動装置を検討されている事業者様
  • 現在の設備やオペレーションの最小限の変更でロボットを導入したい事業者様

技術開発テーマ
人手代替となる軽作業向けロボット開発

ロボット 技術概要 “労働人口減少社会”の軽作業の担い手になれる『パートタイマー』のようなロボット
既存の産業用ロボットに比べ「低コスト」「小型」「軽量」「低電力」なロボットを実現
共創目的
  • 対象パートナー様との共同事業化
  • 対象パートナー様との軽作業ロボットの共同研究、開発
想定パートナー様
  • ロボット制御(AI)開発メーカー様
  • SIレス/軽減技術の開発メーカー様
  • 安全性ノウハウ(制御技術、素材等)をお持ちの事業者様

技術開発テーマ
室内光環境発電素子

IOT 技術概要 室内光で高い発電力が得られる太陽電池。
自立型センサを実現する独自技術により、室内光環境でも高い発電性能をもつ。また、完全固体化により優れた安全性をもつ。
共創目的
  • 想定製品/サービスの市場・用途・ニーズご意見、アイデア
  • 協業パートナー様との技術、製品/サービスの共同企画、共同研究、共同開発
  • 協業パートナー様との共同事業化
想定パートナー様
  • センシング技術と太陽電池を組み合わせた機器を開発・提供する事業者様
  • センシング技術を用いたIoTシステムを開発・提供する事業者様

技術開発テーマ
エレクトロクロミック(EC)技術

ヘルスケア 技術概要 エレクトロクロミック技術を採用し、電気による透過率の階調制御と透明状態での明るさを両立した技術。
共創目的
  • 材料/素材メーカー様、製造装置/検査装置メーカー様との次世代技術・製品開発(信頼性、品質の改善)
想定パートナー様
  • エレクトロクロミックデバイスの高信頼性/高品質(均一性)を実現する
    • 材料(光劣化対策用添加剤)メーカー様
    • 材料(有機ELレベル対応封止剤)メーカー様
    • 材料(ITO以外の透明電極材料)メーカー様
    • 材料(無機半導体微粒子)メーカー様
    • 装置(フィルム貼合せ装置、UV硬化装置)メーカー様

技術開発テーマ
遠隔から人が操作する移動型コミュニケーションデバイス

ロボット 技術概要 離れた拠点の現場確認をしたり、現場担当者とのコミュニケーションが可能となる、遠隔操作の移動型コミュニケーションデバイス。
共創目的
  • 移動型コミュニケーションデバイスを活用した用途・アイデア
  • 遠隔拠点を持つお客様との実証実験
    - 倉庫や工場など現場と繋いだ遠隔監視・巡回
    - 店舗・施設での無人受付(遠隔対応)
    - 外出や出張先からオフィスへの会議参画
  • 協業パートナー様との業種業務向けソリューション開発
想定パートナー様
  • オフィス,店舗,倉庫,工場など,遠隔拠点とのコミュニケーション手段を改善したいお客様
  • 移動型コミュニケーションデバイスと連携したソリューションを開発したいソフトベンダー様

技術開発テーマ
小型プリンターを用いた ステルス(見えない)印刷技術

セキュリティ 技術概要 デザインを制約することなく、見えない印刷によりステルス情報(バーコードや文字等)を印刷物に埋め込む技術。
共創目的
  • ステルス印刷の利用用途、市場性のご意見・アイデア
  • 想定パートナー様との共同事業化検討
想定パートナー様
  • 印刷物の原本と複製印刷を区別して管理したいお客様
    (例:官公庁、地方自治体、経理・法務部門等)
  • 印刷物の偽造防止を求めているお客様
    (例:チケット制作、流通(ラベル)、入退管理等)
  • ステルス印刷と連携したソリューション開発会社様

技術開発テーマ
リコーみまもりベッドセンサーシステム

ヘルスケア 技術概要 ベット上の状態と24時間の生活リズムをセンシングし、“先読みの介護”により利用者の安心と健康生活を支援する技術。
共創目的
  • 他のバイタルデータとの組合せによる介護システムの共同検討・共同開発
  • 介護以外の市場も視野に入れたセンシングデバイス・システムの共同開発
想定パートナー様
  • ICTを積極的に活用して現場改善されている介護事業者様
  • 先進的なセンシングデバイスを開発されている事業者・研究機関様
  • AI・データ解析技術をお持ちのシステム・ソフト開発事業者・研究機関様

技術開発テーマ
ゲスト/BYOD(持込デバイス)向け ネットワーク活用を支援するシステム

ネットワーク 技術概要 一時隔離ネットワークを構築して、持ち込みデバイスから社内ネットワークへの接続を容易に実現する技術。
共創目的
  • BYOD活用の実証実験、市場性のご意見・アイデア
  • 対象パートナー様との製品/サービスの共同企画、共同開発
  • 対象パートナー様との共同事業化検討
想定パートナー様
  • ゲスト接続のネットワーク管理業務負担を軽減したい管理者
    (例:大学のPC実習室、企業の応接室…など)
  • BYOD(Bring Your Own Device:持込デバイス)を活用したい事業者様
    (例:展示会、コワーキングスペース…など)
  • システム構築を協業したい無線LANベンダー様

技術開発テーマ
音響通信技術を活用したイベントシステム

ICT 技術概要 音声信号に識別情報(ID)を埋め込み、音波ビーコンやデジタルサイネージから発信してスマートフォンやロボットが音をキャッチしてIDを検出。受信したIDに応じたアクションを実行する。
共創目的
  • イベントシステムを用いた新しいサービスの検討、及び事業化
  • イベントシステムのアプリケーション(ロボット等の受信側の機器)の共同開発
想定パートナー様
  • ショールームを運営されている事業者様
  • 展示施設を運営されている事業者様
  • イベント企画を運営されている事業者様

技術開発テーマ
マイクロハニカムシート

機能材
シート
技術概要 機能材料を分離して保持したり、粒子や電磁波などを一方向に通過させたり遮断させたりすることができるシート状のハニカム構造体
共創目的
  • 想定製品/サービスの市場・用途・ニーズご意見、アイデア
  • 協業パートナー様との技術、製品/サービスの共同企画、共同研究、共同開発
  • 協業パートナー様との共同事業化
想定パートナー様
  • 医療(製薬、再生、培養)事業者様・研究機関様
  • 化粧品・食品 事業者様、研究機関様
  • 光学関連・環境関連 事業者様、研究機関様

技術開発テーマ
ブロックチェーン技術の利用

データ管理 技術概要 ネットワーク上の複数のコンピュータでデータを共同管理するシステム。誰でも利用でき不正が困難な基盤技術。
共創目的
  • ブロックチェーンは有用な技術ですが、使いこなしが非常に難しい技術でもあります。リコーでは、複数の運用実績・ノウハウがあります。
  • ブロックチェーンシステムの利用や共創に興味がございましたら是非ご相談ください。最適なブロックチェーンのソリューションをお客様と共に創り上げましょう。

技術開発テーマへのお問い合わせ方法

Floor Guide

フロアガイド

画像:Floor Guide フロアガイド

技術展示エリア

リコーグループが有する技術の特長、新商材の強みを紹介する技術展示エリアです。お客様や協業パートナー様に、リコーグループが持つ技術を知っていただくことで、どのような可能性があるかをともに考え、共創のきっかけを見つけます。

交流エリア

お客様や協業パートナー様と、技術の応用や今後の展開について、ディスカッションをするエリアです。新しいビジネスモデルを検討したり、ものづくりのアイデアについて意見交換を行います。

ファブ・ワークショップエリア

共創活動やものづくり検討の中で生まれたアイディアをカタチにする試作・作業工房です。プロトタイプを作成したり、動作の確認・評価・検証を実施。プロトタイプの現物を介して、改善点や今後の更なる可能性を共有します。

ミーティングエリア

プロジェクト会議や定例会も対応できる個室のミーティングルームです。共創プロジェクトの専用空間に、お客様や協業パートナー様、リコーグループの関係者が集まり、より具体的なビジネス共創に向けた価値創出活動を加速します。

Access

アクセス・地図

施設名 RICOH Collaboration Hub (リコー コラボレーション ハブ)
住所 〒243-0436
神奈川県海老名市扇町5-7 RICOH Future House 2F
アクセス 相鉄線海老名駅西口/小田急線海老名駅西口から徒歩5分
JR相模線海老名駅西口から徒歩3分
大きな地図で見る(Googleマップ)
電話番号 046-240-7911
※電話受付時間 平日9:00~17:00
メールアドレス ricoh_collaboration_hub@jp.ricoh.com
開館時間 平日9:00~17:00
受付時間 平日9:00~17:00
閉館日 土日祝祭日、年末年始、その他