日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

ニュースリリース

環境負荷を低減したフルカラー再生複合機「RICOH MP C4504RC SPF/C3004RC SPF」を発売

~充実の基本機能と省資源・省エネ設計で業務効率化とサステナビリティに貢献~

2021年6月2日
株式会社リコー

株式会社リコー(社長執行役員:山下 良則)は、デジタルフルカラー再生複合機の新製品として、「RICOH MP C4504RC SPF/C3004RC SPF」を2021年6月8日に発売します。

RICOH MP C4504RC SPF

新製品は、お客様から使用済みの「RICOH MP C4504」および「RICOH MP C3004」(2016年5月発売)を回収し、環境を基軸とした事業の創出・拡大を目的に設立した「リコー環境事業開発センター」(静岡県御殿場市)で再生処理を行った製品です。

先進の技術により、再使用部品の選別、再生、検査を行なうことで、質量比で平均81%*1のリユース部品の使用を実現しました。素材製造、部品製造の工程を省略できることに加え、本製品の組み立て工程で使用するすべての電力を再生可能エネルギー由来の電力で賄うことにより、製造工程におけるCO2の排出量を元機と比較して約62%*2削減しました。さらに、輸送や使用、廃棄・リサイクルなどを含めたライフサイクル全体の環境負荷も、約19%*2削減と大幅な環境負荷の低減を実現しています。

また、本製品は緩衝材の一部にリコー独自の技術で植物由来のPLA(ポリ乳酸)をしなやか、かつ強い素材にした発泡PLAシート「PLAiR(プレアー)」を初めて採用しています。調達から設計生産、販売、回収に至るすべてのステージで環境に配慮することにより、省資源・省エネルギー化を推進し、事業を通じて脱炭素社会、循環型社会の実現に貢献します。

本製品は、元機であるRICOH MP C4504/C3004同様に、複合機として高い基本性能を備えています。大型フルカラータッチパネルを搭載するなど、はたらく人の使いやすさを追求したユーザーインターフェースに加え、専用のアプリケーションサイトに接続して多彩なアプリケーションをダウンロードできる拡張機能に対応し、生産性と使いやすさを同時に実現します。

*1
本体標準構成(定期交換部品を除く)。
*2
RICOH MP C4504RC SPFの場合。2021年6月現在。リコー調べ。
製品名 RICOH MP C4504RC SPF RICOH MP C3004RC SPF
連続複写速度(A4ヨコ・毎分) カラー/モノクロ:45枚 カラー/モノクロ:30枚
スキャナー/プリンター/ファクス機能 標準
標準価格 オープン価格
発売日 2021年6月8日
会社名および製品名は、それぞれ各社の商号、商標または登録商標です。

| リコーグループについて |

リコーグループは、複合機などオフィス向け機器をはじめ、商用・産業印刷、サーマル、産業機器、デジタルカメラなどの製品・サービスを世界約200の国と地域で提供しています。(2021年3月期リコーグループ連結売上高は1兆6,820億円)。
創業以来85年以上にわたり、お客様の“はたらく”に寄り添ってきた私たちは、これからもデジタルの力で人と人、オフィスや現場をつなぐことで、新しい働き方を実現します。
imagine. change. 私たちは“はたらく”の未来を想像し、ワークプレイスの変革を通じて、人々の生活の質の向上、さらには持続可能な社会の実現に貢献してまいります。
詳しい情報は、こちらをご覧ください。
https://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。