日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

ニュースリリース

リコーとアドバンスト・メディア、音声認識ソリューション分野で業務提携を開始

~音声ソリューションによる新たなサービスの実現を目指す~

2020年8月3日
株式会社リコー
株式会社アドバンスト・メディア

株式会社リコー(社長執行役員:山下 良則)と株式会社アドバンスト・メディア(代表取締役会長兼社長:鈴木 清幸)は、音声認識ソリューション分野における業務提携契約を締結しました。販売面における連携を強化するとともに、両社の強みを生かして業種・業務に特化した音声認識ソリューションの共同開発を行い、早期の市場投入を目指します。

今回の協業では、音声認識分野で強みを持つアドバンスト・メディアの技術やソリューションを、リコーがさまざまな業種・業務のお客様に対して課題解決する際の提案に組み入れて提供します。また、両社の技術・ノウハウを組み合わせて音声認識技術を活用した業種・業務向けのソリューションやクラウドアプリケーションを共同開発し、提供します。

三密状態の回避など、新型コロナウイルスの感染予防を前提としたニューノーマル(新常態)の時代において、音声を活用したソリューションの提供を通じて、オフィスやホーム、現場といったお客様の「はたらく場所」を問わず、新しい生活様式におけるお客様の業務遂行を支援します。また、音声をデジタルデータ化し、蓄積されたデータを活用することで、お客様のさまざまな業務プロセスを自動化・省力化し、生産性向上に貢献してまいります。

具体的には、音声を活用したソリューションを、1)音声コミュニケーション、2)音声認識、3)音声データ活用という3つの分野に分け、音声コミュニケーションを軸としつつ、相互に連携した発展・深化型ソリューションの開発・提供を目指し、お客様の生産性向上や売上拡大に貢献します。リコーはこれまでも音声コミュニケーション分野でエッジデバイスを含むソリューション提供を進めておりますが、今後もお客様ごとに最適なご提案ができるよう、音声認識・音声データ活用の取り組みを強化してまいります。

アドバンスト・メディアは、人の自然な会話を高い精度で認識できる独自の音声認識技術AmiVoice(アミボイス)をコアに、これまで長年に渡って企業向けに音声認識システムを提供しております。さまざまな業種や業務に携わるお客様への価値提供を展開するとともに、高い技術力と長年培ってきたノウハウをもとに、この分野での業界を常にリードしてまいりました。

リコーグループは、お客様への提供価値を「EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES」と定め、OAメーカーからデジタルサービスカンパニーへの変革に取り組んでいます。働く現場のデジタルトランスフォーメーションを支援することで、お客様の業務効率化や生産性向上に貢献します。

今後もリコーグループ及びアドバンスト・メディアは、音声認識などの技術を用いてお客様にとってより魅力あるデジタルサービスを提供することで、はたらく人同士のコミュニケーションをサポートし、ニューノーマルの時代に求められる働き方や仕事の進め方の改革をお手伝いしてまいります。

本プレスリリースに記載の会社名、製品名・サービス名は商標または登録商標です。

| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器を中心とした製品とサービス・ソリューション、プロダクションプリンティング、産業用製品、デジタルカメラなどを世界約200の国と地域で提供しています(2020年3月期リコーグループ連結売上高は2兆85億円)。
創業以来80年以上にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能な社会の実現にむけて積極的な取り組みを行っています。
EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES - 人々の“はたらく”をよりスマートに。リコーグループは、さまざまなワークプレイスの変革をテクノロジーとサービスのイノベーションでお客様とともに実現します。
詳しい情報は、こちらをご覧ください。
https://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。