日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

ニュースリリース

世界最小・最軽量・最至近、縦置き&コンパクトサイズの超短焦点プロジェクター「RICOH PJ WX4153/WX4153N」を発売

~スタンダードタイプのプロジェクターには4K UHD解像度モデルを追加~

2020年7月22日
株式会社リコー

株式会社リコー(社長執行役員:山下良則)は、世界最小・最軽量・最至近の縦置き&コンパクトサイズの超短焦点プロジェクター「RICOH PJ WX4153/WX4153N」の2機種および、レーザー光源を採用し4K UHD解像度に対応した「RICOH PJ UHL5970」を7月29日に発売します。

  • RICOH PJ WX4153
  • RICOH PJ UHL5970

新製品は、リコー独自の自由曲面ミラーを採用し、プロジェクター本体の背面から投写面までの距離がわずか11.7cm(本体セット含め26.1cm)で48型の投射サイズを実現するなど、超短焦点モデルとして世界最小・最軽量・最至近の3大特長はそのままに、従来機を上回る3,600lmに輝度を向上しました。本体を横に傾けて設置することで、スクリーンだけでなく机上や床にも投影できます。新たな機能として、操作ボタンのカスタマイズやUSB給電機能の強化など使い勝手を向上させているほか、オプションのインタラクティブキットタイプ3(仮称:年内発売予定)を装着することで、電子ホワイトボードとしても利用できます。

オフィスのオープンなミーティングスペースでの打合せ、教室における授業やラーニングコモンズやセミナールームでのグループワーク、そして店舗やイベント会場でのサイネージなど、さまざまな用途で活用いただけます。

「RICOH PJ UHL5970」は、スタンダードクラスでありながら、レーザー光源による5,000lmの高輝度と、4K UHD(3,840×2,160)の高解像度を両立し、オフィスにおける映像設備の4K高画質化のニーズにお応えします。4K UHD出力のハードウェアとコンテンツの普及を見据えた、先進的なユーザーの方々にもご活用いただけます。

働き方の多様化に伴い効率的なコミュニケーションを求める企業に対して、リコーは新製品の導入を進め、お客様のワークスタイル変革を支援してまいります。

ミラー式の超短焦点ビジネスプロジェクターとして(2020年6月時点、リコー調べ)

| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器を中心とした製品とサービス・ソリューション、プロダクションプリンティング、産業用製品、デジタルカメラなどを世界約200の国と地域で提供しています(2020年3月期リコーグループ連結売上高は2兆85億円)。
創業以来80年以上にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能な社会の実現にむけて積極的な取り組みを行っています。
EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES - 人々の“はたらく”をよりスマートに。リコーグループは、さまざまなワークプレイスの変革をテクノロジーとサービスのイノベーションでお客様とともに実現します。
詳しい情報は、こちらをご覧ください。
https://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。