日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

ニュースリリース

テレワークで創造的な働き方を実現「仕事とプライベートが融ける家」

~リコー×コスモスイニシアの共創アイデアを採用したリノベーションマンションが完成~

2020年4月3日
株式会社リコー

株式会社リコー(社長執行役員:山下 良則)と大和ハウスグループの株式会社コスモスイニシア(代表取締役社長:高木 嘉幸)は、両社で住空間×働き方をテーマとした価値創出プロジェクトを実施し、発案されたアイデア「コモリワーク」と「ドマワーク」をコスモスイニシアのリノベーションマンション2件で採用、2020年3月に完成しましたのでお知らせします。

映像技術を活用し集中できる空間「コモリワーク」

コモリワーク

住まいと仕事場の入り口を分ける「ドマワーク」

ドマワーク

リコーでは、新規事業の創出に向けた取り組みとして、デザイン思考のメソッドを使った「価値創出プログラム」を社内外で展開しています。コスモスイニシアは、これまで10万戸超の新築マンション供給実績の中で培った家づくりのノウハウをいかしたリノベーションマンションの企画・販売を行っており、多くの企業とのコラボレーションなどにより、新たなすごし方の提案を行っています。

昨今、働き方改革が進み、在宅勤務をする人、フリーランスで働く人、副業を行う人など働き方が多様化し、共働き世帯も増えています。このような時流において、「仕事」と「プライベート」はオンとオフという明確な区別ではなく、緩やかにつながり始めています。今回、お客様の“はたらく”に寄り添った製品・サービスを長年デザインしてきたリコーのデザイナーと、すごし方を徹底的に考え、安心と快適をお届けする住まいを提供するコスモスイニシアのクリエイターが、リコーの価値創出プログラムで共創し、調査とワークショップを重ねました。「家の中で仕事に集中する」ことと「仕事以外の空気に触れ、気分転換や着想を得る」ことの一見、相反する要素を両立させる住まいを急速に増えているテレワーカーへ提案します。これにより、仕事とプライベートの境界を融かし、時間や場所にとらわれない創造的な働き方を実現し、人々の豊かなワーク・ライフに貢献します。

両社は、今後も本プロジェクトで生まれたアイデアの、他事業へのサービス展開を検討するなど、新たな価値を創出して社会や市場に提案してまいります。

価値創出プログラムについて

リコーでは、新規事業の創出に向けた取り組みとして、デザイン思考のメソッドを使った価値創出プログラムを社内外で展開しています。デザイン思考では、人の感覚を大切にしながら、共感・定義・創造・試作・検証のプロセスを回すことを大切にしています。本プログラムでは、気づいていないことに気づき、それを課題に転換し、価値を定義し、新しいアイデアや事業の創発につなげるためのフィールドワークやワークショップを社外のお客様と一緒に行っています。

今回、コスモスイニシアと共に住空間×働き方をテーマとしたインタビューやワークショップを行いました。その中で、“働き方改革をきっかけとして、実際に日本人の働き方の変化は始まっており、「自宅で朝起きて、オフィスで働き、夜遅く帰宅する。」こんな当たり前の習慣が変化し、「自宅」と「オフィス」の中間に新しい機会領域が生まれ始めている”という気づきが生まれ、ワークショップで発案された15のアイデアと抽出されたインサイトをもとに、2つのアイデアを採用したリノベーションマンションがこのたび完成しました。


| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器を中心とした製品とサービス・ソリューション、プロダクションプリンティング、産業用製品、デジタルカメラなどを世界約200の国と地域で提供しています(2019年3月期リコーグループ連結売上は2兆132億円)。
創業以来80年以上にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能な社会の実現にむけて積極的な取り組みを行っています。
EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES - 人々の"はたらく"をよりスマートに。リコーグループは、さまざまなワークプレイスの変革をテクノロジーとサービスのイノベーションでお客様とともに実現します。
詳しい情報は、こちらをご覧ください。
https://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。