日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

ニュースリリース

新光源を採用したプロジェクター新製品を発売

~光源の長寿命化により、約20,000時間のメンテナンスフリーを実現~

2020年1月17日
株式会社リコー

株式会社リコー(社長執行役員:山下 良則)は、スタンダードモデルのプロジェクターの新製品として、高輝度タイプの「RICOH PJ WUL5970」と、中輝度タイプの「RICOH PJ WUL5860/WXL5860」、合計2機種3モデルを1月24日に発売します。

  • RICOH PJ WUL5970
  • RICOH PJ WUL5860

新製品はいずれのモデルもレーザー光源を採用しており、約20,000時間交換不要のメンテナンスフリー性能を実現しました。また、従来の水銀ランプ光源に比べて起動時間が早いので、待ち時間を短縮でき、速やかに会議を始めることができます。また、レーザー光源の高耐久性にあわせて標準3年間保証にすることで、長期にわたって安心してご利用いただけるサポート体制で提供いたします。

「RICOH PJ WUL5970」は、5,500lmの高輝度とWUXGA(1,920×1,200)の高解像度を実現します。また、上下方向360°の投影や上下左右のレンズシフトに対応し、快適なプレゼンテーションやプロジェクションをサポートします。

「RICOH PJ WUL5860/WXL5860」は、約5.0kgコンパクト設計を実現し、モバイル可能なレーザー光源プロジェクターとしてご利用いただけます。

働き方の多様化に伴い効率的なコミュニケーションを求める企業に対して、リコーは新製品の導入を進め、お客様のワークスタイル変革を支援してまいります。

高輝度タイプ

製品名 RICOH PJ WUL5970
光源 レーザー
出力光束
(明るさ)
5,500lm
最大解像度 WUXGA
本体無償保証期間 3年
価格 オープン価格

中輝度タイプ

製品名 RICOH PJ
WUL5860
RICOH PJ
WXL5860
光源 レーザー
出力光束
(明るさ)
4,000lm 4,700lm
最大解像度 WUXGA WXGA
本体無償
保証期間
3年 3年
価格 オープン価格
HDMI、HDMIロゴ、およびHigh-Definition Multimedia Interfaceは、HDMI Licensing Administrator, Incの商標または登録商標です。
MHLは、MHL, LLCの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
PJLink 商標は、日本、米国その他の国や地域における登録または出願商標です。
Crestron Connectedは、米国 Crestron Electronics, Inc.の商標です。
ExtronはRGB Systems, Inc.の米国その他の国における商標または登録商標です。
HDBaseT™は、HDBaseT Allianceの商標です。

| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器を中心とした製品とサービス・ソリューション、プロダクションプリンティング、産業用製品、デジタルカメラなどを世界約200の国と地域で提供しています(2019年3月期リコーグループ連結売上は2兆132億円)。
創業以来80年以上にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能な社会の実現にむけて積極的な取り組みを行っています。
EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES - 人々の"はたらく"をよりスマートに。リコーグループは、さまざまなワークプレイスの変革をテクノロジーとサービスのイノベーションでお客様とともに実現します。
詳しい情報は、こちらをご覧ください。
https://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。