日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

ニュースリリース

Ridge-iとリコー、AI外観検査サービスの先行ユーザーを募集し、共同実証を開始

~導入検証の相談を手軽に行えるWebサイト「リコーAI画像検査ラボ」を開設~

2019年9月26日
株式会社Ridge-i
株式会社リコー

株式会社Ridge-i(代表取締役社長:柳原 尚史、以下Ridge-i よみ:リッジアイ)と株式会社リコー(社長執行役員:山下 良則、以下リコー)は、Ridge-iの強みである画像AI解析技術と、リコーの強みである撮像・光学技術を組み合わせ、共同開発したAI(人工知能)外観検査サービスの本格展開に向けて、実際の製品や生産物の検査業務における使いやすさや導入効果を検証するための共同実証に参加いただく先行ユーザーの募集を開始します。

また、今回の共同実証開始にあたり、リコーは日本全国のお客様からAI外観検査の導入に向けたご相談を受け付けるWebサイト「リコーAI画像検査ラボ」(https://industry.ricoh.com/ai-lab/)を本日開設いたしました。

「リコーAI画像検査ラボ」は、AIによる外観検査のシステム化を進めるうえで必要となる、実際の対象物による可能性検証をより手軽に行えるようにしたもので、実施したい検査内容や対象物の写真データをWebサイトに登録していただき相談を受け付けます。外観検査を実施できる可能性が高いと判断した場合は、実際の対象物を送付いただき、現物での検証とAI解析を行ったうえで、簡易レポートの作成・提供までを無償で実施します。これにより、実業務へのAIによる外観検査の導入を加速していきます。

これまで、製品や生産物の外観検査は、日本の製造業や農業、食品加工業などの高い品質を担保する重要な機能として位置付けられておりますが、色ムラ・傷・形状といった外観の検査や異物検査の多くは、未だに現場の作業者の目視検査に多くを頼っています。近年、これらの検査にかかるコストに加え、人手不足に伴う熟練工の確保難が業界の大きな問題となるなかで、外観検査システムの導入による自動化・省力化が課題となっており、特にAIを活用した画像解析による精度の高く、現場で運用しやすい外観検査の実現が期待されています。

一方で、これまで外観検査のシステム化に向けた可能性検証は、相談段階から現場で行うケースや専門の施設に対象物を持ち込んで行うケースが多く、手間とコストが掛かるため、中小企業や地方の企業では敷居が高くなってしまい普及が進んでいないのが現状です。

今回、両社が開発し、共同実証を始めるAI外観検査サービスは、全国の中小企業の生産性向上を支援するものです。Webサイトを通じて相談を受け付け、AI外観検査サービス導入の可能性検証を手軽に開始できるもので、実際の対象物の検証で導入が可能と判断できた場合には、先行ユーザーとして共同実証にご協力いただき、有償でお客様環境に合わせた形でAI外観検査サービスを構築・提供致します。

Ridge-iとリコーは、2019年4月に資本業務提携契約を締結し、Ridge-iの強みである画像AI解析技術とリコーの強みである光学技術を組み合わせ、外観検査の省力化・自動化を支援するサービスの提供を目指しています。特にこれまで導入が難しかった中小企業や地方の企業のお客様に対して、導入に向けた検証から実際の運用までを手軽に、低コストで行えるサービスとして提供することで、日本の製造業や農業をサポートし、お客様の生産性向上や売上・利益拡大、現場の働き方改革を支援してまいります。

*
会社名および製品名は、それぞれ各社の商号、商標または登録商標です。

| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器を中心とした製品とサービス・ソリューション、プロダクションプリンティング、産業用製品、デジタルカメラなどを世界約200の国と地域で提供しています(2019年3月期リコーグループ連結売上は2兆132億円)。
創業以来80年以上にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能な社会の実現にむけて積極的な取り組みを行っています。
EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES - 人々の"はたらく"をよりスマートに。リコーグループは、さまざまなワークプレイスの変革をテクノロジーとサービスのイノベーションでお客様とともに実現します。
詳しい情報は、こちらをご覧ください。
https://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。