日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

ニュースリリース

問い合わせ対応業務を効率化するAI搭載チャットボット「RICOH Chatbot Service」を新発売

~専門的な知識がなくても導入・運用できる簡単操作を実現~

2019年9月24日
株式会社リコー

株式会社リコー(社長執行役員:山下 良則)は、総務や経理、人事、IT部門といったバックオフィスにおける社内からの問い合わせ対応や、販売サポートにおける顧客対応など、さまざまな問い合わせ対応業務を効率化するAI(人工知能)搭載チャットボット(自動会話プログラムの機能を持つ対話ロボット)「RICOH Chatbot Service」を10月1日に新発売します。

「RICOH Chatbot Service」の利用イメージ

「RICOH Chatbot Service」は、手軽に導入できるパッケージサービスの「RICOH Chatbot Service Starter」、「RICOH Chatbot Service Standard」と、カスタマイズや個別サポートに対応する「RICOH Chatbot Service Enterprise」の3タイプがあり、お客様の用途、規模などにあわせ、最適なサービスをお選びいただけます。

「RICOH Chatbot Service」は、リコーが独自に開発した初期学習技術を搭載しており、事前に多くのデータを記憶させることなく、あらかじめ Microsoft Excel® で作成した想定問答をインポートするだけで手軽に導入できるチャットボットです。リコー独自の言語認識技術により、日本語の揺らぎや類義語・同義語を自動で高精度に認識できることに加え、会社独自の言い回しを追加登録することで、より的確な対応も可能になります。また、利用者の傾向や満足度をグラフィカルに表示するダッシュボード機能も搭載しており、蓄積した問い合わせデータの分析による有効活用も手軽に行えます。

「RICOH Chatbot Service」の導入により、社内外からの問い合わせ業務を大幅に効率化し、空いた時間を本来業務に充てることが可能になるほか、問い合わせ履歴から利用者のニーズを可視化して、適切な施策につなげることができます。

リコーは今後も、オフィスや現場といったさまざまなワークプレイスで行われる仕事をデジタル化し、ワークフローを変革するとともに、デジタル化して蓄積したデータを分析することで、お客様の生産性向上や売上拡大に貢献します。そして、オフィスと現場をデジタルでつなぐデジタルビジネスを推進し、“はたらく”をよりスマートにすることで、お客様のさらなる成長を支援してまいります。


| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器を中心とした製品とサービス・ソリューション、プロダクションプリンティング、産業用製品、デジタルカメラなどを世界約200の国と地域で提供しています(2019年3月期リコーグループ連結売上は2兆132億円)。
創業以来80年以上にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能な社会の実現にむけて積極的な取り組みを行っています。
EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES - 人々の"はたらく"をよりスマートに。リコーグループは、さまざまなワークプレイスの変革をテクノロジーとサービスのイノベーションでお客様とともに実現します。
詳しい情報は、こちらをご覧ください。
https://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。