日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

ニュースリリース

世界初レーザースキャン方式による車載ヘッドアップディスプレイ(HUD)用プロジェクションユニットの量産を決定

~鳥取県および鳥取市と事業拡大に係る協定書を締結~

2019年5月30日
リコーインダストリアルソリューションズ株式会社

リコーインダストリアルソリューションズ株式会社(社長執行役員:竹本 浩志)は、革新が求められる車載HMI分野に向けて、2018年11月に開発したレーザースキャン方式車載HUD用プロジェクションユニット(以下、レーザーHUD)の世界初の量産化を図るため、当社鳥取事業所にレーザーHUDの量産ラインを構築することを決定いたしました。
レーザーHUDは2020年に量産体制を構築し、2021年に出荷を予定しております。

本決定により鳥取事業所の設備投資等を行うこととなり、これを支援する鳥取県および鳥取市と、2019年5月30日に事業拡大に係る協定書の調印を行いました。

  • 左から深澤 義彦 鳥取市長、当社代表取締役社長 竹本 浩志、平井 伸治 鳥取県知事
  • レーザースキャン方式車載HUD用プロジェクションユニット
  • 搭載イメージ

HUDは、車速やナビゲーションなどの情報をフロントウインドウに投影するものです。従来のカーナビゲーションシステムやメーターに比べ、ドライバーの視線移動を減らすことで、運転時の疲労軽減やよそ見による事故のリスクを低減するメリットがあります。さらに、今後は車両に設置された様々なセンサーとの連携によるドライバーへの高度な注意喚起やAR 技術の実現が期待されています。当社は、そのような高度化するニーズに応えるため、リコーのレーザー描画技術、および車載HUD用途で新たに自社開発した2軸MEMSスキャナーを用い、レーザーHUDの開発に成功しました。

今後、リコーインダストリアルソリューションズは、ニーズが広がるHMI分野でさらなる事業拡大を図るべく、本分野における量産体制を構築し、生産能力の拡大を図ってまいります。


| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器を中心とした製品とサービス・ソリューション、プロダクションプリンティング、産業用製品、デジタルカメラなどを世界約200の国と地域で提供しています(2019年3月期リコーグループ連結売上は2兆132億円)。
創業以来80年以上にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能な社会の実現にむけて積極的な取り組みを行っています。
EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES - 人々の"はたらく"をよりスマートに。リコーグループは、さまざまなワークプレイスの変革をテクノロジーとサービスのイノベーションでお客様とともに実現します。
詳しい情報は、こちらをご覧ください。
https://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。