Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、マイクロソフト社とOSのSub Distributor 契約を締結
Windows OSとマザーボードの同時提案が可能に

2011年2月14日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)では、組み込み機器用マザーボード、コントローラーの設計開発、生産販売を行なっている電装ユニットカンパニーが、組込み向けWindows OSを対象としたマイクロソフト社の二次代理店としてパイロットベンダーに選ばれ、Sub Distributor 契約を締結しました。これは生産会社としては、日本初の試みです。

 これまで、リコー電装ユニットカンパニーは、マザーボードベンダーとして、組み込み機器用のマザーボードを生産、販売してきましたが、Windows OSの販売がソフトウェアベンダーに限られていたため、供給先は、OSを別に調達する必要がありました。

 今回、マイクロソフト社の二次代理店として、Sub Distributor 契約を締結した結果、組み込み用Windows OSの販売が可能となり、マザーボードとの組み合わせ使用時のOSカスタマイズ等もできるようになりました。

  • *Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。