日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

デジタルサービスによる取り組み

リコーグループでは在宅勤務をはじめ、リモートワークの導入を積極的に進めてきました。デジタルの力を活用し、自らが新しい働き方にチャレンジするとともに、そこで培ったノウハウをお客様にも提供しています。
自宅にいながら会議や打ち合わせを行ったり、会社にあるさまざまなデータに安全にアクセスして業務を円滑に行う環境を提供することで、感染拡大を防止しながら、はたらく人たちの創造力を支える。そんなサービスを一人でも多くのお客様へお届けできるようさまざまな活動を推進しています。

明細発送業務の紙文書での承認プロセスを電子化し、リモート化を実現

コロナ禍において多くの企業では、従来、職場で行っていた紙文書でのワークフローを電子化し、リモートで実現できる環境を構築することが喫緊の課題です。例えば、利用明細書などの印刷や発送に伴う部門間の承認フローなどです。リコーは、こうしたワークフローを電子化し、自宅で発送業務を行えるソリューション商品として、「RICOH AdHoc Mail Solution」を2020年4月から海外市場で提供しています。海外の金融業のお客様において組織全体に渡っていた手作業での発送作業や紙文書での承認プロセスを、RICOH AdHoc Mail Solutionに置き換え、リモート化の実現をご支援しました。リコーは、今後もさまざまな業種業務のリモート化を支援してまいります。

新型コロナウイルス感染情報の把握と共有にリコーのインタラクティブホワイトボードが活躍(リコージャパン)

大阪府とリコージャパンは、包括連携協定に基づいて、健康・働き方改革、子ども・福祉、地域活性化、環境、防災・防犯、府政のPRなど幅広い分野で連携と協働を進めています。
こうした取り組みの一環として、リコージャパンは、大阪府 健康医療部の執務室内に、情報共有などに活用できるインタラクティブホワイトボード(電子黒板)を無償で貸与しました。大型モニターで視認性が向上し、他の部屋からのリモート閲覧も可能なため、府内の新型コロナウイルスに関する情報の整理や共有など、「今では新型コロナウイルス感染症対策になくてはならない存在となっています」というお声をいただいています。

大阪府 公民戦略連携デスク ホームページ

AIによる将棋の棋譜記録係の人手不足に対応~新型コロナウイルスへの感染リスクの低減にも貢献(リコー)

将棋の対局増による記録係の人手不足に対応するため、公益社団法人日本将棋連盟と共に共同開発した「リコー将棋AI棋譜記録システム」(以下、リコー棋録)が5月16日に将棋会館(渋谷区)で行われた第10期リコー杯女流王座戦一次予選で本稼働し、12対局の無人化記録を実施しました。リコー棋録と対局時計を使うことで、記録係を無人化することができるため、対局の際の感染リスクを低減します。今後の本格導入に向けてさらなる開発を進めていきます。

AIによる将棋棋譜記録について

自宅から会社のデータに安全にアクセスし、印刷も行える環境を月額定額制で提供

リコーは、在宅勤務に取り組む中小企業を支援するために、自宅から会社のデータに安全にアクセスし、印刷も行えるVPN(Virtual Private Network)環境を簡単・手軽に構築できる月額定額制パッケージ商品として、「RICOH SP 3700 在宅プリントパッケージ」を2020年5月22日に提供開始しました。クラウド管理型無線LAN ルーターとモノクロレーザープリンターをパッケージ化することで、経理・人事・総務など紙の印刷が必須の業務に携わる方にも会社と同じセキュアなネットワーク環境で在宅勤務を行っていただくことができる商品です。初期費用は不要で、月額6,500 円(消費税別)の定額制なので、印刷枚数を気にすることなく、安心してご利用いただけます。

詳細はこちら

在宅勤務社員からの問い合わせに自動応答するAI搭載チャットボットを7月末まで無償で提供

コロナウイルス感染症拡大防止のために在宅勤務制度を導入する企業が増えていますが、IT部門や総務部門に対して従業員から数多くの問い合わせが寄せられることで、業務負荷の増加が課題となっています。リコージャパンは、問い合わせ対応業務を効率化するAI搭載チャットボット「RICOH Chatbot Service」の初期導入費用を無償とし、月額費用も最大3カ月間無償で提供しています。また、見積書・発注書・請求書など各種帳票・伝票の作成や入金管理、各種書類の電子送付、郵送代行ができるクラウド型サービス「MakeLeaps」、従業員のエンゲージメント強化を支援するSNS型コミュニケーションツール「チーム手帳」、チラシや印刷物からウェブコンテンツ等に簡単に誘導できるARサービス「RICOH Clickable Paper」についても期間限定で無償提供しています。

詳細はこちら

在宅勤務環境の構築を支援

政府や地方自治体からの在宅勤務の対応要請を受け、多くの企業においてリモートワーク・在宅勤務を実施するための環境整備が喫緊の課題となっています。リコージャパンはICT機器やサービスを組み合わせて中小企業の在宅勤務環境の構築を支援する「在宅勤務パック」の一部サービスを5月末まで無償提供しております。全国に販売・サービス体制を抱えるリコージャパンが、自ら積極的にリモートワークを実践してきたリコーグループの知見・ノウハウを活用し、モバイルPCなどの機器から、VPNなどのネットワーク、業務の効率化を実現するクラウドサービスまで、お客様のご要望ごとに必要な機器やサービスを一体的にご提案することで、お客様における在宅勤務の早期実現を支援しています。

詳細はこちら

施設を紹介したい方と実際に足を運べない方とを橋渡し

離れた場所から学校や施設、商品をVRで紹介できる「THETA 360.biz」の60日間無償プランの提供を開始しました。新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、学校でのオープンキャンパスやショールームでの営業、不動産の内見などを自粛される動きが出てきており、施設や商品を確認するために現地に足を運ぶことができないお客様が増えています。本サービスをご利用いただくことにより、平面写真よりも臨場感のある上下左右360°の画像情報を提供することが可能です。施設や商品を紹介したい方々と、現場に訪問することができないお客様との橋渡しの機会を提供しています。

詳細はこちら

「RICOH THETA」を見守りカメラとして活用する新サービスを無償で提供(リコー)

新型コロナウイルスの感染拡大を予防する新しい生活様式に対応するための支援として、自宅内や職場などの離れた場所から、在宅中のお子様などご家庭の様子や、事務所・店舗の様子の確認を手軽に始めることができる「RICOH360 – かんたん見守りサービス」の提供を始めました。12月末まで無料でご利用いただけます。1分おきにインターバル撮影された360°の画像を専用サイトから閲覧するこのサービスには、ヒートマップ機能が付属しているため、簡易的に密集状況を把握することも可能です。

詳細はこちら

学校と大学向けに無料で遠隔授業サービスを提供(イタリア)

イタリア政府がコロナウイルスの蔓延を防ぐため3月4日に学校と大学の閉鎖を指示したことを受け、リコーイタリアはすべての教育機関向けに遠隔授業サービスの提供を30日間無料で行いました。
ビデオ会議を介して教師が簡単に授業を行えるようにしており、ブラウザや無料アプリを介して、コンピュータ、タブレット、スマートフォンからアクセス可能に設定。さらに遠隔授業は、同時に最大50台のデバイスをつなぐことができ、チャットと画面共有も可能にしました。ストリーミング後に生徒や教師がレッスンをアーカイブして利用できるようにもしており、イタリアの未来を担う学生たちのため、リコーイタリアの応援は続きます。

Remote education

お問い合わせ

株式会社リコー 広報室

メールでのお問い合わせ