体験することが、なによりも大切。
サイエンスキャラバン号

リコー・サイエンスキャラバンでは、リコーの人材と技術をベースとして開発された科学の不思議、面白さを感じていただけるプログラムを運営しています。教科書や参考書は学校での授業に任せ、サイエンスキャラバンでは、自らの体験を通じて得た「へぇ!」を持ち帰っていただきたい。それが私たちの願いです。現在では以下の3つのプログラムをご用意し、出展するイベントの規模と内容に応じて実施しています。
コピー機になってみよう! 
デジタルカメラとあそぼう!
まぶしい光とおもしろカメラ
プログラミングしんにゅうせい
コピー機になってみよう!

 

静電気の力でコピーが行われる仕組みがわかる

タカハシ博士の解説
コピーの原理は、1938年にアメリカのチェスター・F・カールソン氏によって考案されました。「コピー機になってみよう!」は、このコピーの原理である「帯電」- 「露光」 - 「現像」 - 「転写」 - 「定着」 - 「クリーニング」の6つの工程を取り出し、自分の描いた絵が静電気の力で複写される仕組みを体験するリコー・サイエンスキャラバンの人気プログラムです。
 
子ども達と話すハタケヤマさん
1999年秋に開発された「コピー機になってみよう!」は、2008年までの10年間に全国で延べ2万人以上の子どもたちが体験していただきました。本来の対象は「中学生以上」を想定していましたが、会場はいつも小さな子どもたちでにぎわいます。コピーの原理、仕組みの理解はさておき、自分が描いた絵の複製ができる不思議、楽しさは、年齢とは関係がないのです。

 

「コピー機になってみよう!」6つの手順
※ クリックで拡大

 

原稿がコピーされるまでに行われる6つの工程

 
コピー機に原稿をセットしスイッチを押すと、あっと言う間に原稿のコピーが出てきます。この時、コピー機の中では帯電 - 露光 - 現像 - 転写 - 定着 - クリーニングという6つの作業が行われています。「コピー機になってみよう!」では、この6つの手順を一つひとつ実際にやってみることができます。

「コピー機になってみよう!」で行う6つの工程をご紹介

  • 皆さんが「コピー機になってみよう!」で行う実験には、静電気を始めとする科学原理がたくさん登場します。
  • 少しむずかしいですが、仕組みがわかると実験はさらにおもしろくなりますよ!

 
※ 画面中央の「
」ボタンをクリックすると再生が開始されます。また再生が始まってから「 チャンネルの品質
)」をクリックすると、より高画質な720p HD(ハイビジョン)での再生を選択することができます。

 
熱闘!紙バトラー
デジタルカメラの「多重露光」機能を使って、一人二役の写真を撮影し、シールを作ります

リコーグループではコピー機のほかに、デジタルカメラも作っています。デジタルカメラとカラーコピー機はまったく別の機械ですが、レンズを使って光を集め、イメージセンサーで光を電気信号に変換して記録する仕組みは同じです。「デジタルカメラとあそぼう!」ではリコー製のデジタルカメラ、“GRデジタル” に搭載されている「多重露光」機能を使って、楽しい一人二役の写真を撮り、シールを作ります。
 

ステップ1:デジタルカメラの仕組みを知る

ステップ3:一人二役の写真を撮影する

ステップ2:デジタルカメラを使ってみる

ステップ4:できた写真でシールを作る


 

熱闘!紙バトラー
反射しやすい光、反射しにくい光。光の性質を学び、偏光カメラで “ まとあてゲーム” を楽しみます。

光の性質って? 私たちにとって身近な存在である「光」。光が持つ性質は私たちにとって興味深いものばかりです。「まぶしい光とおもしろカメラ」では反射光の持つ性質について実験を通して学習し、それらを利用した偏光カメラを使って “まとあてゲーム” を楽しむワークショップです。
 

ステップ1:ゲームで使う“まと”を紙粘土で作る

ステップ3:光の性質を実験で確かめる

ステップ2:光の3つの性質について学ぶ

ステップ4:“まとあてゲーム” で遊ぶ


 
熱闘!紙バトラー
命令カードを組み合わせて、スクリーン上のキャラクターを動かすプログラムを作ります

電化製品や自動車など身の回りにあるモノには “プログラム” が組み込まれています。プログラムとは、スイッチやボタンやレバーの操作(=命令)に応じてモノが動く仕組みです。“プログラミング”とは、コンピューターを使って、そのプログラムを作ること。
「プログラミングしんにゅうせい」はコンピューターの代わりに命令が書かれたカードを組み合わせてプログラムを作り、スクリーンに映るキャラクターを動かすことでプログラミングの基本が学べる体験学習です。
 

ステップ1:プログラムの説明

普段の生活の中で、プログラムがどのように役立っているのかを学びます。

ステップ3:プログラミング体験

一人ひとりが命令カードを組み合わせて、キャラクターが地図上のゴールに辿りつくためのプログラムを作ります。

ステップ2:プログラミングの練習

参加者全員で協力して、ロボット役の人をゴールまで動かすプログラムを作ります。

ステップ4:プログラムの実行

作成したプログラムをコピー機で読み込み、思ったとおりに動いたか?スクリーン上で確認します。