RICOH
最新更新日:2011-03-01

HOME > 2011年 FreeWill TOPICS

FreeWill Topics

第10回「買う&知るボランティア@海老名」を開催しました(2011年12月)

ACEの成田様(右)
ACEの成田様(右)
12月16日(金)に開催しました『買う&知るボランティア@海老名』は12月10日の人権デーにあわせ、児童労働の撤廃と予防に取り組む「ACE」様にお越しいただきました。

海外には、「貧しいから」という理由だけでなく、「教育は重要じゃない」「教育は私たちには関係ない」という考え方が横行し、児童労働を生み出している地域があります。そんな状況の中、たとえばガーナのカカオ農家の子どもを働かせることなく生計が立てられるよう「農業技術指導」を行う「スマイル・ガーナプロジェクト」や、インドのコットン生産地で子どもの支援をする「ピース・インドプロジェクト」など、様々な支援活動を行っているのが「ACE」様です。

今回は、売上の30%がガーナの子どもたちの教育支援に繋がる『しあわせを運ぶてんとう虫チョコ』を中心に、クリスマスらしいギフトセットを販売しました。
また、商品とともに現地の活動の様子や、売上金がどのように役立てられるのかの展示も行いました。消費者として責任の一端があることを知る、まさに「買う&知るボランティア」の原点となる販売会となりました。
愛らしい「しあわせを運ぶてんとう虫チョコ」
愛らしい「しあわせを運ぶてんとう虫チョコ」
販売の様子
販売の様子
社員ボランティアも販売に参加しました
社員ボランティアも販売に参加しました

第9回「買う&知るボランティア@海老名」を開催しました(2011年11月)

社員で賑わうFreeWillブース社員で賑わうFreeWillブース
11月25日(金)に開催しました『買う&知るボランティア@海老名』は、福祉をテーマに「聴導犬育成の会」様と「コーナス」様にご参加いただきました。

耳の不自由な方々へ貸与される聴導犬を育成し、そのトレーニングと社会への普及活動を実施しているNPO法人「聴導犬育成の会」様は、3匹の聴導犬(とも・パン・善)とともにご参加いただいて、聴導犬との「ふれあい会」を実施。国内に35匹しかいない聴導犬ですが、その人懐っこさに多くの社員がその場を離れることができず、会場は大盛況となっていました。聴導犬の目印は、オレンジの首輪とリード。見かけたときは、ぜひ温かく見守って応援してほしいと思います。
PR犬をつとめる「とも」
PR犬をつとめる「とも」
人懐っこい聴導犬「善」
人懐っこい聴導犬「善」
「パン」は12月から上海でお仕事をするそうです
「パン」は12月から上海でお仕事をするそうです
味はもちろんアーティストの絵も好評だったクッキー味はもちろんアーティストの絵も好評だったクッキー
一方、大阪で地域活動・アート活動・清掃活動・クッキー製造などを実施しているNPO法人「コーナス」様。10月に行われた「社会貢献デー」で大好評だったクッキーを再度取り寄せて、販売会を行いました。販売したクッキーは全部で7種類。丁寧にラッピングされた袋にはアトリエコーナスのアーティストのイラストがそれぞれついています。かわいらしいものやインパクトのあるものなど、イラストのテイストは様々で、違うものを1つずつ選んで購入する方もいました。今回の販売を通じて、リコー社員がコーナスのアーティストの方々の素晴らしい作品を知るいいきっかけになったと思います。

今後も様々な企画を『買う&知るボランティア@海老名』にて実施していきますので、どうぞご期待ください!


今までの「買う&知るボランティア@海老名」の様子はこちらをご覧下さい

社会貢献デー&スタンド・アップキャンペーン!(2011年10月)

スタンド・アップの様子
スタンド・アップの様子
販売の様子
販売の様子
リコー本社事業所(銀座)では、10月24日の国連デーに合わせ、10月12日(水)に「社会貢献デー」と題してFreeWill支援先様による販売会と「国連ミレニアム開発目標(MDGs)」の達成に向けたスタンド・アップを実施いたしました。
当日の売上は2団体で合計48,900円、スタンド・アップ参加者は62名でした。多数の社員の皆様にご協力いただきありがとうございました。
以下、ご参加いただいた団体様の当日の様子をご紹介いたします!


大右より、かものはしの西嶋様、岩田様右より、かものはしの西嶋様、岩田様
■ かものはしプロジェクト 様
★★ カンボジア雑貨 ★★

カンボジアの雑貨を販売いただきました。バスソルトや名刺入れは売り切れになるほどの人気でした。


■ コーナス 様
★★ 6種類のクッキー ★★

6種類のクッキーを大阪より取り寄せ、ボランティア社員が販売しました。なんとコーナスクッキー初の東京進出です!全て完売いたしました。美味しかったので定期的に販売してほしい!というお声をたくさんいただきました。
好評だったクッキー
好評だったクッキー
社員ボランティアによる販売の様子
社員ボランティアによる販売の様子

第8回「買う&知るボランティア@海老名」を実施しました(2011年10月)

10月20日(木)に開催しました第8回目の『買う&知るボランティア@海老名』は、復興支援をテーマに「ケア・インターナショナルジャパン(CARE)」様をお招きしました。

今回はこの日のために商品ラベルを手作りして、岩手県各地から取り寄せた品物を販売しました。「後で財布を持ってくるから!」とお取り置きをする方もたくさんいらっしゃって、お昼休み終了前に全て完売となる好評ぶりでした。
一番高額の純米大吟醸を購入した元FreeWill代表幹事
一番高額の純米大吟醸を購入した元FreeWill代表幹事
完売御礼!
完売御礼!
山田町の醤油
山田町の醤油
大槌産直組合結ゆいから取り寄せたお米、しいたけ、はちみつ
大槌産直組合結ゆいから取り寄せたお米、しいたけ、はちみつ
山田町のくりっこ屋菓子店の駄菓子
山田町のくりっこ屋菓子店の駄菓子
釜石市から取り寄せた浜千鳥(日本酒)
釜石市から取り寄せた浜千鳥(日本酒)
CARE 徳様(右)
CARE 徳様(右)
販売にあたっていたCAREの徳様は、「皆さんが被災地を忘れないでいてくれること、そして少しでも購入してくれることが、現地の生産者にとっては、とてもありがたいことなんです。被災地支援というのは、ボランティアで被災地に行くことだけではなく、様々な形があります。自分がやりたいときに、自分のできる範囲で、やっていくことが大事なんです。」とおっしゃっていました。
今回の売上は29,325円でした。売上のすべてが被災した飲食店の利益となります。


今までの「買う&知るボランティア@海老名」の様子はこちらをご覧下さい

「収集ボランティア」の集計作業を行いました(2011年9月)

FreeWillでは、2002年より使用済みカードや国内外古切手、書き損じハガキなどを収集し、支援実績のある団体に寄贈する「収集ボランティア」活動を行っています。
集まった収集物は年に2回集計作業を行っていますが、このたび9月6日に集計作業をリコー本社事業所で行いました。

集まった収集物は、切手2.25Kg、カード類384枚、ハガキ23枚、メータースタンプ0.6Kgで、総額は約4,000円となりました。
今回の収集物は、社会貢献活動を行っているシャプラニール様に寄贈することになりました。
集計作業の様子
集計作業の様子
収集物
収集物
矢部さん(左)とインターン生の鈴木さん(右)
矢部さん(左)とインターン生の鈴木さん(右)

シャプラニール様は、バングラデシュ、ネパール、インドにおいて、農村開発、識字学級の解説、保健衛生知識の普及、ストリートチルドレンの支援活動を行う認定NPO法人です。活動の中で行っている様々な取り組みのひとつとして、「もったいない」という気持ちを国際協力に役立てる社会貢献活動「ステナイ生活」を行っています。

「ステナイ生活」の取り組みは、「集めて送れば寄付になる」の呼びかけのもと、不要品(本・CD・DVD・ゲームソフト、ハガキ、切手、プリペイドカード、金券、使用済みディズニーリゾートパスポート、外貨紙幣、使用済みトナー・インクカードリッジなど)を一般の方から受け付け、換金し、海外での支援活動に役立てるというものです。今回、FreeWillから寄贈した使用済みのカード、使用済み切手はベルギーの仲介業者を通してヨーロッパのコレクターに購入してもらい、また書き損じハガキは日本の郵便局で未使用切手に換えたのち、金券ショップで換金するのだそうです。

シャプラニール様では「ステナイ生活」の取り組みよって集まった資金を、バングラディシュの貧困層の人々対する支援に役立てています。

第7回「買う&知るボランティア@海老名」を実施しました(2011年9月)

9月7日(水)に開催されました『買う&知るボランティア@海老名』。第7回となる今回は、東ティモールでコーヒー栽培の支援を行っている「ピースウィンズ・ジャパン」様をお招きしました。

現地の生産者たちはコーヒーの品質を維持することや、加工して付加価値を付けて販売するということができないため、ピースウィンズ・ジャパンでは、品質向上の指導と支援を行っています。

当日は、東ティモールで収穫したコーヒーの実が、選別〜乾燥〜焙煎のプロセスを経てコーヒー豆になるまでの過程を、写真などを交えてわかりやすく展示されていたほか、実際にコーヒーを試飲することもできました。中にはその味を確かめ、品質の高さを確認してから購入するコーヒー通の社員の方も!
ピースウィンズ・ジャパンの江田様(左)と松倉様(右)
ピースウィンズ・ジャパンの江田様(左)と松倉様(右)
販売の様子
販売の様子
販売の様子
販売の様子
大人気!マスコバト糖のかりんとう
大人気!マスコバト糖のかりんとう コーヒー豆のできる過程をわかりやすく解説
コーヒー豆のできる過程をわかりやすく解説
今回販売したのは、コーヒーをはじめ、オーガニックティー、オリジナルカフェタンブラーなどで、中でもフィリピン産のマスコバト糖を使った「かりんとう」は人気が高く売り切れてしまうほどでした。

ピースウィンズ・ジャパンの松倉様は、「コーヒー豆の原価は年々高騰しているため、新たに買いつけに来る業者も多く、短期的な買い付け価格に目が行ってしまい取引される生産者の方もいます。しかし、そういった業者が翌年も買ってくれる保証はなく、生産者の方が安定した収入を得て生活を向上させるためには、我々のように長期的に買い付けてお互い向上し合う関係が必要なんです」と現地の実状を語ってくださいました。

今までの「買う&知るボランティア@海老名」の様子はこちらをご覧下さい

号外:インターン・鈴木奏子さんの “里帰り”

9月3日(土)、今年のインターン生・鈴木奏子さんを連れ、市村自然塾関東に行って参りました。これは例年であれば、インターン生によるリコーの “社会貢献活動・現場視察の一環” ですが、今年は少々事情が違います。鈴木さんは、元・自然塾の塾生(第2期生)なので、言ってみれば、故郷に錦を飾る里帰り!だったのです。
当日は、台風12号の影響で「曇りときどき豪雨」という不安定な天候。あいにく畑に出ることはできませんでしたが、久しぶりの帰還で当時の自分と同じ小さな子どもたちを前に、感無量の鈴木さんでした。


CSR室にインターン生がやって来ました(2011年9月)

CSR室に、今年も元気なインターン生(鈴木奏子さん)がやって来ました。これから4週間に渡り、私たちが日々行っている業務を体験していただきます。皆さまのところへもお邪魔する機会があるかも知れませんので、どうかご指導の程よろしくお願いいたします。
皆さん、こんにちは!!! この度、CSR室でインターンをさせて頂くことになりました鈴木奏子です。私はリコーが社会貢献事業として行っている市村自然塾関東の2期卒塾生です。CSRに興味を持つきっかけとなった企業であるリコーのCSR室でインターンとして働くことができ、とても嬉しく思います!  社会人になるまでは詳しく知る機会がない企業のCSRについて、実際の業務を体験し、今後のCSRの可能性について学び、考えたいです。また、このインターンを通じて、自分の強みを知り、それをどのように社会のために役立たせることができるのか掘り下げたいです。  そして、この経験を就職活動や社会人になって自分のキャリアや働き方を考えるときに役立てていきたいと思います。  4週間、よろしくお願いいたします!!  鈴木奏子皆さん、こんにちは!!! この度、CSR室でインターンをさせて頂くことになりました鈴木奏子です。私はリコーが社会貢献事業として行っている市村自然塾関東の2期卒塾生です。CSRに興味を持つきっかけとなった企業であるリコーのCSR室でインターンとして働くことができ、とても嬉しく思います!  社会人になるまでは詳しく知る機会がない企業のCSRについて、実際の業務を体験し、今後のCSRの可能性について学び、考えたいです。また、このインターンを通じて、自分の強みを知り、それをどのように社会のために役立たせることができるのか掘り下げたいです。  そして、この経験を就職活動や社会人になって自分のキャリアや働き方を考えるときに役立てていきたいと思います。  4週間、よろしくお願いいたします!!  鈴木奏子

第6回「買う&知るボランティア@海老名」を実施しました(2011年8月)

8月5日(金)に開催されました『買う&知るボランティア@海老名』。第6回目となる今回は、カンボジアで保育事業と織物事業を行っている「幼い難民を考える会」様をお招きしました。
「幼い難民を考える会」では、女性が子どもの世話をしながら家で仕事ができるように、織物を教える研修所を作り、そこを修了した生徒の作品をカンボジア手織り布ショップ「ラタナ」で取り扱っています。

右下の写真でスタッフの木村様の後ろに写っているのは、カンボジアの伝統絹織物ピダンです。アンティークピダンは内戦による喪失・国外流出が後を絶たず、さらには織り手の死亡・高齢化により質の高いピダンの伝承は危機的状況にあるそうです。現在では『幼い難民を考える会』の研修所を修了した生徒しか織り手がなく、貴重な存在となっています。
スタッフの木村様
販売の様子
今回販売したのは、その手織りの布で作られたカードケースやペンケースなどの布製品。なかでもブックカバーはすぐに売り切れてしまうほどの人気でした。また、マスコット(うさぎ、ネコ、ゾウ、うま、ブタ等)は一つ一つ手作りのため、すべて表情が違い、その愛らしさからか、取り置きをしておいて後からあらためて買いにいらっしゃるほど気に入ってしまう方も多く見受けられました。今回の売上は、カンボジアの幼い子どもたちや女性の自立にむけた生活の向上のために全額使われます。
色鮮やかな手織り製品
好評だった愛らしいマスコット

第5回「買う&知るボランティア@海老名」を実施しました!(2011年7月)

東日本大震災後、延期となっていました「買う&知るボランティア@海老名」が、この度、約4ヶ月ぶりに再開となりました。第5回目となる今回は「トラ・ゾウ保護基金」様をお招きし、7月1日にFreeWillブース(海老名事業所・テクノロジーセンター新棟13階)にて開催いたしました。当日はトラやゾウのイラストがプリントされたTシャツ、バッグ、小物を販売。中でも動物の形をしたクリップが大盛況で売り切れとなっていました。
トラやゾウのプリントTシャツ
トラやゾウのプリントTシャツ
五十嵐様(左)と上長様(右)
五十嵐様(左)と上長様(右)
手ぬぐい、キャンドルなどの小物
手ぬぐい、キャンドルなどの小物
今回お越しいただいた、トラ・ゾウ保護基金の上長様は「トラとゾウはそれぞれ肉食系、草食系の食物連鎖のピラミッドの頂点に位置しており、その頂点に位置している動物を保護することによって、食物連鎖のピラミッド全体のバランスを保つことができます。毛皮や象牙を狙った密猟によって、野生のトラ・ゾウの数は年々減っています。野生のトラは今や3,200頭ほどしか生息していないんです。」と、野生のトラ・ゾウの現状の厳しさを語って下さいました。

今回の売上の半分がトラ、ゾウの保護に役立てられます。
当日の販売の様子
当日の販売の様子
人気だった動物クリップなど
人気だった動物クリップなど
大勢の方にお越しいただきました
大勢の方にお越しいただきました

今回販売した物品の一部はオンラインショッピングで購入できます
なお、「買う&知るボランティア@海老名」の今後の開催予定は以下の通りとなっております。

第6回「買う&知るボランティア@海老名」企画 幼い難民を考える会 様

今までの「買う&知るボランティア@海老名」の様子はこちらをご覧下さい

FreeWillに新しい仲間が加わりました!(2011年7月)

新たに加わったFreeWill運営委員のメンバー
この度、社会貢献クラブ・FreeWillに、リコー IT ソリューションズ株式会社、リコーリース株式会社が加わりました!
また、2009年6月から活動してまいりましたFreeWill運営委員のメンバーが二年間の任期を終え、2011年6月付けにて新たに20名が運営委員に着任しました。
これからも、より一層活発なFreeWill を目指して、社会貢献活動の輪を広げて参ります。どうか、引き続きよろしくお願いいたします。

(写真:新たに加わったFreeWill運営委員のメンバー(クリックで拡大))

市村自然塾関東で採れた野菜がリコーテクノロジーセンターに届きました!(2011年7月)

市村自然塾を紹介するジオラマと、活動紹介ビデオ
市村自然塾を紹介するジオラマと、活動紹介ビデオ 塾生たちが育てた野菜たち
塾生たちが育てた野菜たち
市村 清・生誕100周年を記念して設立されたNPO、市村自然塾関東(神奈川県足柄上郡松田町 寄)。今年、設立10周年を迎える市村自然塾では「生きる力を大地から学ぶ」をモットーに、毎年56名の子どもたちが元気に農作業を学んでいます。

リコーテクノロジーセンターからほど近い丹沢山系の山々に囲まれた里山にある市村自然塾へは、ちょうど先週末、数名のリコーグループ社員が草むしりボランティアに伺いましたが、そのお返し(?)に完全無農薬の有機栽培で塾生たちが丹念に育てた野菜たちをいただきました。

“青々とした”という表現がぴったりの瑞々しい野菜たちは、二日ほどFreeWillブースで展示したあと、6月29日に14F食堂にて試食提供され、運の良い社員が舌鼓を打ちました。

FreeWil事務局の担当者が変わりました!(2011年6月)

前任の北條さんと
今まで長らく「FreeWillの顔」として活躍されてきた事務局の北條さんが3月末日付けで退任し、この4月から新たに小沼美由紀さんがFreeWill事務局に着任しています。これから、より一層活発なFreeWillとなりますよう、活動をサポートしていただきます。皆さん、どうか宜しくお願いいたします。

写真:新しい担当者 小沼さん。前任者の北條さん(左)と
小沼さん自己紹介

2011年度の新入社員研修が行われました!(2011年5月)

2011年4月6日及び13日、2011年度の新入社員研修が行われました。282名の新入社員に向け、リコー社会貢献クラブ・FreeWillの紹介が行われました。そして、合計51名におよぶ新入社員の方がその場でFreeWillへの加入表明をしてくださいました。
FreeWillではリコー、リコーテクノシステムズ、リコーロジスティクスの社員の皆様を対象に随時会員を募集しております。

写真:2011年度の新入社員研修の様子(クリックで拡大)
2011年度の新入社員研修の様子2
2011年度の新入社員研修の様子1

FreeWillの横断幕と、愛のひとくんの起き上がりこぼしが設置されました(2011年5月)

海老名TCのFreeWillブース
リコー海老名事業所・新棟13階にある「FreeWillブース」に、FreeWillの横断幕と愛のひとくんの起き上がりこぼしが設置されました。 この「FreeWillブース」では、様々な催しやイベントを定期的に開催しています。活動の結果につきましては追ってお知らせします。

写真:リコーテクノロジーセンターのFreeWillブース(クリックで拡大)

東日本大震災に対する災害支援金として、総額1,000万円を寄付します(2011年3月)

甚大な被害にあわれた被災地の様子
この度の東日本大震災で被災された皆様へ、心よりお見舞い申し上げます。

地震、津波、原発事故と、未曾有の複合災害になってしまった東日本大震災。この大災害の発生を受け、FreeWillでは緊急災害支援金として500万円を被災したリコーグループ社員へ、さらにジャパン・プラットフォーム様を通じ500万円を被災地へ寄付することを決定いたしました。
まだまだ当分のあいだ気の抜けない状況が続くことと思いますが、FreeWillは負けない日本を応援していきます。

「FreeWillプロモーション」ページの記事はこちら

本社でバレンタイン企画を実施しました!(2011年2月)

リコー本社事業所(銀座)では、2011年2月10日、バレンタインの企画として、FreeWill支援先様と、リコー森林生態系保全プロジェクトの団体様による、お菓子の販売会を実施いたしました。

当日の売り上げ金総額は3団体で合計 85,130円になりました。多数の社員の皆様にご協力いただき、ありがとうございました!!
今後ともFreeWillでは気軽に参加できる社会貢献活動を各地で実施していこうと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。
■チョコレボ様(リコー森林生態系保全プロジェクト)/ガーナチョコレート
チョコレボ様/ガーナチョコレート
“ガーナの森をつくるチョコ”を取り扱っている団体様です。

■かものはしプロジェクト様/クッキー
かものはしプロジェクト様/クッキー
カンボジアの児童買春問題の解決に向け活動しているNPO法人です。
■社会福祉法人あしなみ 通所授産施設 ZiP/ブラウニー&クッキー
社会福祉法人あしなみ 通所授産施設 ZiP/ブラウニー&クッキー
足立区で障がい者の授産施設を運営している社会福祉法人です。

本社でのバレンタイン企画の様子
本社でのバレンタイン企画の様子

第4回「買う&知るボランティア@海老名」を実施しました!(2011年2月)

恒例となりました「買う&知るボランティア@海老名」は、FreeWill支援先様をお招きし、活動の紹介や物販を行うイベントです。第4回目となる今回は「ラオスのこども」様をお招きし、2月15日に開催いたしました。 当日はラオスのこども様の活動展示と物販がFreeWillブース(海老名事業所・テクノロジーセンター新棟13階)にて行われ、雑貨や、コーヒー、塩などを販売し、売り切れが出るほどの盛況ぶりでした。

今回お越しいただいた、ラオスのこども・尾澤様は、3年間ラオスの企業で働いていたのをきっかけに、ラオスのこどものスタッフになられたそうで、ラオス語も堪能。ラオスを心から愛している様子で、とても輝いていらっしゃったのが印象的でした。

第4回「買う&知るボランティア@海老名」の様子
なお、今後の開催予定は以下の通りとなっております。ぜひご参加ください!

第5回企画 2011年3月15日(火) トラ・ゾウ保護基金(JTEF)様
第6回企画 2011年4月12(火) 幼い難民を考える会 様
今までの「買う&知るボランティア@海老名」の様子はこちらをご覧下さい

第4回「買う&知るボランティア@海老名」の様子

支援先団体様より、たくさんの年賀状をいただきました!(2011年1月)

いただいた年賀状
今年も、FreeWill支援先団体様より、たくさんの新年のご挨拶をいただきました。届いた年賀状の中から、一部ではありますが、ご紹介をさせていただきます。

国境なき医師団 様
セブンサミッツ持続社会機構 様
JHP・学校をつくる会 様
シェア(国際保健協力市民の会)様
彩星学舎 様
地球の木 様
表現教育研究所 様
セブの少女たちに布地を送る会 様
フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーJAPAN 様

(クリックで年賀状がご覧になれます)

第3回「買う&知るボランティア@海老名」を実施しました!(2011年1月)

昨年11月より、「FreeWillブース(海老名事業所・テクノロジーセンター新棟13階)」に支援先様をお招きし、月1回開催していたイベントを「買う&知るボランティア@海老名」として今後も継続的に開催していくことになりました。

第3回となる今回は「聴導犬育成の会」様をお招きし、2010年12月25日に開催いたしました。 会場には犬好きのリコー社員の方々が集まって大盛況!
中には盲導犬と聴導犬の違いや、犬のしつけ方などについて熱心に質問をしている方もいらっしゃいました。
聴導犬育成の会のスタッフの方々にも「リコーさんは意識が高い社員さんが多いですね」と喜んでいただけたようです。

今回の売り上げは募金も含めて36,826円となりました。
第3回「買う&知るボランティア@海老名」の様子
なお、今後の開催予定は以下の通りとなっております。ぜひご参加ください!

2011年2月第4回企画 ラオスのこども様 ▶団体HP
2011年3月第5回企画 トラ・ゾウ保護基金(JTEF)様 ▶団体HP
2011年4月第6回企画 幼い難民を考える会様 ▶団体HP
Back Number
2011年のTOPICS
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
3月
2月
1月
TOPICS一覧
FreeWill では、東日本大震災に対する災害支援金として、総額1,000万円を寄付しました。被災地の一日も早い復興を祈念いたします。
リコーサイエンスキャラバン
市 村 自然塾 関東