RICOH
最新更新日:2015-10-01

HOME > 2015年第65回支援先紹介

FreeWill 支援先紹介

第65回支援先一覧(2015年9月)

カタリバ(子供の健全育成)

主に高校生の進路意欲を高めるためのキャリア学習プログラム「カタリ場」の運営と、東日本大震災被災地の子供たちへの学習支援と心のケアを行う「コラボスクール」を実施している認定NPO法人
 
東日本大震災被災地を中心に、支援活動を行う学校までの交通費、および人件費、学生との活動に使用する文具費用として
 

豊島子どもWAKUWAKUネットワーク(子供の健全育成)

貧困のため塾へ通えず、高校などへの進学が難しい子どもたちに無料学習支援を実施しているNPO法人
 
無料学習(6ヶ月間で25回開催予定)に使用する教材費や講師料などとして
 
犬の殺処分0(ゼロ)を目指し、主に埼玉県動物指導センターに保護・収容された犬の救出活動をしている団体
 
保護から引き渡しに至るまでに必要となる医療措置の費用として
 
カンボジアにおける教育支援、学校建設、井戸建設、トイレ建設、遊具の設置、学用品の配布、児童養護施設「夢ホーム」の運営などを行うNPO法人
 
貧しい家庭の子どもたちへ、教育支援のための奨学金「クメール教育里親基金」の費用として
 

地域活動センター ほがらか(職業能力開発支援)

特別支援学校を卒業した子どもたちが自立し、地元地域へスムーズに参加できるための支援活動を行うNPO法人
 
革製品の授産品を製作するための機具や備品などの購入費用として
 

ソフトエアロビクスクラブ(保健・医療・福祉)

ブラインド(視覚障がい者)のためのエアロビクスクラブを運営している団体
 
音楽プレイヤー購入や講師謝礼金など、クラブを運営するための必要経費として
 

樹木・環境ネットワーク協会(環境保全)

所有者から依頼を受けた全国の荒れた里山や雑木林・緑地などで、市民参加による保全活動を行っているNPO法人
 
森林整備と間伐材を加工するために必要な工具類の購入費用、ならびに「海の森あおぞらフェスタ2015」で開催する環境プログラム『海の森あおぞら工房』の運営費として
 

生物多様性保全協会(環境保全)

1992年地球サミットによって採択された「生物多様性条約」が掲げる目標の達成を目的とし、その実現のための指針やガイドラインを策定する活動を行っている一般社団法人
 
活動報告書の制作・発行 費用の一部として
 

Light Ring.(保健・医療・福祉)

深刻な悩みを持つ若者の相談者として必要な傾聴力やサポート力を養成する機会を提供し、若者の支え手となる人材を育てることで、悩める若者やうつ病による自殺者低減を目指すNPO法人
 
悩み事を聴き、相談にのる際に必要な専門知識や実践的スキルを学ぶ講座の実施費用として
 
過去の支援先団体
2015年の支援先
◆第66回支援先(2015年12月)
◆第65回支援先(2015年9月)
◆第64回支援先(2015年6月)
◆第63回支援先(2015年3月)
FreeWill 支援先団体