Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

Environment働き方を知る

教育制度

リコーの人材育成

リコーの人材育成の考え方

リコーでは、ありたい姿や更なる成長に向けて、「自ら行動し、自ら学ぶ」 ことを能力開発の基本としています。それに加え、上司のサポートや教育研修、ローテーション等を通じ、人材能力開発支援を実施します。
自らを律しながら、自己実現を図る人材の育成をめざしています。

  • (1)

    自己実現のために自ら行動し、自ら学ぶことを能力開発の基本とする。(向上意欲・キャリア意識)

  • (2)

    上司・先輩のサポートを得て職場におけるあらゆる機会を通じて能力開発をはかる。(OJT)

  • (3)

    教育研修を通じて、仕事を通じて学んだことを体系的・網羅的に整理し、職場で得られない気づきや知識・スキルを獲得する。(Off-JT)

  • (4)

    ローテーションによる計画的な育成、組織活性化の実現や適材適所への人材活用をする。

仕事を通じた自己実現と組織能力の向上

図

リコーの若手教育体系

社員の自己実現に向けた能力開発を支援する様々な施策を展開しています。

図
*1 キャリア開発支援
人材マネジメントの目指す姿として
① 社員が目的意識・問題意識を持って主体的に行動し、新しい価値を作り出す
②会社やお客様、まわりの人たちへのお役立ちを通じて仕事のやりがい・達成感を高め成長していく
③それを会社の発展と自らの豊かな生活につなげていく
という『自己実現のサイクル』をまわすための様々な支援や仕組みを提供しています。
*2 BLA (Basic License Assessment)
若手社員の専門分野を早期に明確にし、T型人材を目指して必要な基礎知識を習得する能力開発のための制度です。
*3 ビジネススキル研修
若手社員が実務で必要な基礎知識やスキルを身につけるために、上司と整合した受講計画に従って自主的に受講できる研修です。