日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

お知らせ

「2020年度グッドデザイン賞」のグッドフォーカス賞[新ビジネスデザイン]を受賞

「ベクノス」の超スリム・ペン型全天球カメラ「IQUI」

2020年10月30日
株式会社リコー

株式会社リコーは、「2020年度グッドデザイン賞」(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)において、リコー発のスタートアップ企業ベクノス発足後の第一弾製品である超スリム・ペン型全天球カメラ「IQUI(イクイ)」がグッドフォーカス賞[新ビジネスデザイン](経済産業省 大臣官房 商務・サービス審議官賞)を受賞したことをお知らせします。グッドフォーカス賞[新ビジネスデザイン]は、グッドデザイン・ベスト100の中から特別審査会によって選出されるもので、新たなビジネスモデルや新産業の創出、イノベーションの促進に寄与する優れたデザインとして特に認めるものです。「IQUI」は、グッドデザイン・ベスト100に選出されたなかから高い評価を得て、この度の特別賞の受賞となりました。

GOOD DESIGN AWARD 2020 グッドフォーカス賞[新ビジネスデザイン]

グッドデザイン・ベスト100選出時の受賞理由と審査員の評価につきましては下記の通りです。

IQUI

製品名:「IQUI

360度カメラでありながら、これまでにない軽量小型のペンサイズ相当に収められたのは開発者の並々ならぬ情熱と執念の上に実現できたのではないかと想像される。

「小型」を追求する際に求められる丁寧なものづくりはもちろん、収納ケースも本体を取り出す際に蓋の開閉と連動して少しだけ本体が起き上がり、取り出しやすくする構造なども本体の小型化ゆえに配慮された使いやすさのこだわりであり、手を抜かないパッケージ全体の完成度の高さに感動を覚えた。

また撮った映像に関しても、今までは少々データ自体が特殊なので活用方法が難しいと感じる部分もあったが、アプリ側の自動編集機能でSNSなどに上げやすくするといったところも高く評価された。IQUIが生み出す360°カメラの新たな体験によって、ユーザーの新しい表現に貢献し、結果としてマーケットの開拓・拡大の可能性を生み出すものと大いに期待したい。

GOOD DESIGN

グッドデザイン賞とは

1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動です。国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています。受賞のシンボルである「Gマーク」は優れたデザインの象徴として広く親しまれています。

http://www.g-mark.org/


| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器を中心とした製品とサービス・ソリューション、プロダクションプリンティング、産業用製品、デジタルカメラなどを世界約200の国と地域で提供しています(2020年3月期リコーグループ連結売上高は2兆85億円)。
創業以来80年以上にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能な社会の実現にむけて積極的な取り組みを行っています。
EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES - 人々の“はたらく”をよりスマートに。リコーグループは、さまざまなワークプレイスの変革をテクノロジーとサービスのイノベーションでお客様とともに実現します。
詳しい情報は、こちらをご覧ください。
https://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。