日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

お知らせ

新型コロナウイルス感染症におけるリコージャパンの対応について

(最終更新日2020年5月26日)

2020年2月28日
最終更新日 2020年5月26日
2020年2月28日
リコージャパン株式会社

新型コロナウイルス感染症において、罹患された皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い回復と終息をお祈りいたします。

リコージャパンではこうした状況に対して、お客様、パートナー企業、従業員と家族の安全確保と健康維持、感染者増加の防止に向け積極的に取り組んでまいります。

現時点におけるリコージャパンの対応について、以下にお知らせします。何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

1.リコーグループの基本方針

リコーグループは、新型コロナウイルス感染症拡大に伴うリスクに対し、以下の方針に基づき体制を整備し、必要な対応を遂行しています。

  1. グループ従業員等およびその家族の生命・健康維持を優先する。
  2. 社会への影響を配慮し、可能な限り感染者増加を防止する。
  3. 社会・お客様から求められるサービス・製品の継続的提供のための努力をする。
  4. 経営基盤の維持に努める。
  5. 通常業務を継続できない"非常に重大なパンデミック"に備える(BCP対応準備)

2.基本的なお客様対応について

お客様への対応品質の維持に最大限努めてまいりますが、お客様と従業員の健康・安全への配慮から、対応の遅れや対応ができない状況もございますので予めご了承くださいますようお願いいたします。

電話やeメール、テレビ会議システムなどによる非対面での対応を活用させていただきますとともに、お客様訪問が必要な場合は事前に訪問可否や留意点を確認させていただいた上、マスクの着用やアルコール消毒を実施するなどの十分な配慮を行います。
また、原則として直行直帰や時差通勤を活用した訪問を行います。

なお、緊急事態宣言が全都道府県において解除されましたが、お客様と従業員の感染リスクの低減を図りながらの対応となるため、商品や消耗品の供給、保守サービス、コールセンターの対応、請求書の発行などに遅れが生じたり、対応できないことが発生する可能性もございますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

3.緊急事態宣言解除による保守サービスなどのお客様対応について

政府による"新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言"が全都道府県おいて解除されたことに伴い、政府、及び関連機関が発表する感染防止対策に関する方針に基づき、お客様と従業員の感染リスクの低減を図りながら、お客様対応を実施してまいります。なお、保守サービスはお客様と従業員の健康・安全への配慮を第一に考えた対応とさせていただくとともに、引き続き、医療機関をはじめとした社会機能維持に必要な事業を担うお客様の対応を優先させていただきます。

つきましては、以下のお知らせのご確認をお願いいたします。

緊急事態宣言解除による保守サービスなどのお客様対応について(2020年5月26日更新)

4.公共料金の支払猶予について

新型コロナウイルス感染症の影響により電気料金等の公共料金(上水道・下水道、NHK、電気、ガス及び固定電話・携帯電話の使用料)の支払が困難なご事情がある皆様に対し、その置かれた状況に配慮し、支払の猶予等、迅速かつ柔軟に対応するよう国からの要請が出ております。この要請にリコージャパンも対応いたします。

該当するお客様は以下のお知らせのご確認をお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症により影響を受けたお客様に対する公共料金の支払猶予について(2020年5月11日更新)

5.イベント・セミナー、LiveOffice見学、研修等の実施について

リコージャパン主催および出展のイベント・セミナー、LiveOfficeの見学、社内外向けの研修に関しては、政府、及び関連機関が発表する感染防止対策に関する方針に基づいて、感染リスクの低減を講じた上で実施を再開いたします。また、Webを使ったセミナー開催にも積極的に取り組んでまいります。

詳しくは開催事務局、担当営業へご確認をお願いいたします。

6.従業員の働き方について

従業員の業務特性を考慮の上、在宅勤務を積極的に活用します。また、可能な限り非対面での対応や直行直帰、時差通勤を活用し、人の集まる場所や通勤時の交通混雑を少しでも避けることで安全確保・健康維持を図ります。また、社内会議においても集合による形ではなく原則リモート会議にて実施します。

7.販売する商品の提供について

お客様先でお使いいただくリコー機器の消耗品やサービス部品の供給においては現在十分な在庫を保有しており、ご迷惑をお掛けしない体制となっておりますが、サプライヤー企業様からの一部の部品調達に支障が出ているため、一部の機器において供給が不安定になる可能性が生じています。

現在、さまざまな方面からの状況把握に努めるとともに、機種・部品ごとの在庫状況の確認、代替部品の手配など、生産への影響を最小限にすべく、あらゆる対応策の検討と実施を進めています。今後、影響が予測されるお客様への対応を進め、影響の極小化にグループ総力をあげて全力を尽くします。

また、弊社が取り扱っておりますパートナー企業の商品につきましても、同様の影響を受ける商品がございます。在庫不足によりご希望納期に提供ができない場合は担当営業より案内させていただきます。

今後も各方面からの情報を注視しながら、上述の基本方針に則り、必要な対応を速やかに実施してまいります。


| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器を中心とした製品とサービス・ソリューション、プロダクションプリンティング、産業用製品、デジタルカメラなどを世界約200の国と地域で提供しています(2019年3月期リコーグループ連結売上は2兆132億円)。
創業以来80年以上にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能な社会の実現にむけて積極的な取り組みを行っています。
EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES - 人々の"はたらく"をよりスマートに。リコーグループは、さまざまなワークプレイスの変革をテクノロジーとサービスのイノベーションでお客様とともに実現します。
詳しい情報は、こちらをご覧ください。
https://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。