日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

お知らせ

リコー、環境省「ESG ファイナンス・アワード・ジャパン」
「環境サステナブル企業部門」で銅賞を受賞

2020年2月27日
株式会社リコー

株式会社リコーは、環境省が創設した「ESG ファイナンス・アワード・ジャパン」の「環境サステナブル企業部門」において銅賞を受賞いたしましたので、お知らせいたします。2月26日に東京都港区内で表彰式が行われました。

2020 ESG FINANCE AWARDS JAPAN BRONZE

パリ協定を踏まえて、持続可能な社会の実現に向けた動きが世界的に加速するなか、金融業界において、気候変動リスクを含むESG要素を考慮した投融資がスタンダードになりつつあります。日本においてもESG金融の拡大が必要であるとの認識のもと、「ESG ファイナンス・アワード・ジャパン」が環境省により創設されました。これは、ESG金融または環境・社会事業に積極的に取り組み、インパクトを与えた機関投資家、金融機関、仲介業者、企業等について、その先進的な取り組み等を表彰し、広く社会で共有し、ESG金融の普及・拡大につなげることを目的としています。

表彰部門は、「投資家部門」、「融資部門」、「金融サービス部門」、「ボンド部門」、「環境サステナブル企業部門」の5つあり、それぞれの部門で金賞、銀賞、銅賞が選定されます。このうち、リコーの受賞した「環境サステナブル企業部門」は、「環境関連の重要な機会とリスク」を「企業価値」向上に向けて経営戦略に取り込み、企業価値にもつなげつつ環境への正の効果を生み出している企業を表彰するものです。

今年度は、金賞2社、銀賞3社、銅10社が選定されました。リコーの選定のポイントは長きに亘る環境経営に注力してきた蓄積を活かしたサステナブルな経営や、中長期環境目標に関するSBT認証・RE100への参加などの先駆的な取り組みが評価されたとのことです。


| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器を中心とした製品とサービス・ソリューション、プロダクションプリンティング、産業用製品、デジタルカメラなどを世界約200の国と地域で提供しています(2019年3月期リコーグループ連結売上は2兆132億円)。
創業以来80年以上にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能な社会の実現にむけて積極的な取り組みを行っています。
EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES - 人々の"はたらく"をよりスマートに。リコーグループは、さまざまなワークプレイスの変革をテクノロジーとサービスのイノベーションでお客様とともに実現します。
詳しい情報は、こちらをご覧ください。
https://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。