Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

戦略
社会へのコミットメント

リコーグループは、社会に広く目を向け、社会課題にチャレンジする事で、新しい市場や提供価値を生み出し、社会の発展とリコーの成長の同時実現につなげていきたいと考えています。
そのため、私たちは持続可能な社会の形成を目指した国内外のイニシアチブやステートメントに積極的に賛同・参画し、社会からの期待・要請に答えると共に持続可能な社会の実現に向け積極的に取り組んでいます。

2018年10月

気候変動アクション日本サミット宣言に署名

気候変動対策に積極的に取り組む日本の企業や自治体、NGOなどが情報発信や意見交換を強化するために設立されたネットワーク。リコーは、この立ち上げに関わり、企業として最初に参加を表明し、2018年10月に開催された「気候変動アクション日本サミット」にて気候変動対策の推進に向けた「気候変動アクション日本サミット宣言」署名しました。

2018年9月

リコー社長、Climate Week NYCで基調講演

米国・ニューヨークのタイムズセンターで行われた「Climate Week NYC」のオープニンセレモニーで日本企業として基調講演を行いました。
日本で初めて「RE100*」に参加表明したことなどが評価され、リコーは日本企業として初めて同会議のオープニングセレモニーに招待されました。

2017年7月

リコーのGHG削減目標が「SBTイニシアチブ」の認定を取得

2017年に設定した「リコーグループ環境目標」におけるGHG(温室効果ガス)削減目標が、「パリ協定」の「2°C目標」を達成するために科学的に根拠ある水準であると認められ、企業に対し「科学的根拠」に基づく「二酸化炭素排出量削減目標」を立てることを求めている国際的なイニシアチブである「SBT (Science Based Targets)イニシアチブ」からSBTとしての認定を取得しました。

2017年4月

環境目標の設定とRE100への参加

企業の自然エネルギー100%を推進する国際ビジネスイニシアティブ(RE100)に日本企業として初めて参加いたしました。自社排出以外の温室効果ガスについては、製品のエネルギー効率向上などに取り組むとともに、ビジネスパートナーや顧客にも協力を働きかけることで、バリューチェーン全体での脱炭素社会づくりに貢献して参ります。