Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs
Main content

環境経営の推進
汚染予防への取り組み

汚染予防に取り組む

化学物質による悪影響を最小化する事は国際的な合意事項であり、リコーグループもこの考えの基、リコーグループ化学物質管理基本規定を定めています。事業活動や製品に使用される化学物質による人の健康や環境への影響等のリスクをより最小とし、グループ及び係る人や環境に対し、安全・安心に近づく管理を目指しています。

製品の製造に使用する化学物質の管理

リコーグループでは製造工程で取扱う化学物質の汚染予防的対応として、使用以前の検討段階で有害な化学物質の使用を禁止とする取り組み、使用段階における使用量及び環境への排出等をグループで共有・削減する取り組みを行っています。
また、過去の活動の結果発生した土壌汚染へのリスクを最小化とする活動及び、土地等の取引時には化学物質による環境リスク評価を行い、必要な管理及び環境負荷低減活動を進めています。

製品に含まれる化学物質の管理

製品づくりのサプライチェーン全体で化学物質管理体制を構築し、環境や人体に影響を及ぼす可能性がある化学物質の削減と管理を行っています。また、このような管理を行うことで、世界各国の法規制への確実な対応に加え、環境ラベルなどの法規制より厳しい独自基準もクリアできる製品作りを進めています。