Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

環境ラベル

環境配慮型製品であることを示す環境ラベルは、ISO(国際標準化機構)で3つのタイプが制定/検討されています。リコーは環境保全をお考えのお客様のために、これら3つのラベルを積極的に活用して参ります。

タイプI 環境ラベル(ISO14024)“第三者認証”


第3者が環境配慮型製品の判定基準を制定し、認証を行なうもので、商品の設計時からお客様の使用、廃棄に至るまでの「省エネルギー性」「省資源性」「お客様の健康や安全性」等が総合的に評価され、優位性を持った商品に与えられる環境ラベルです。認証された製品には、それらのラベル(マーク)を貼付することができ、基準を満たした製品であることが一目で分かります。
リコーはこれらの環境ラベルを積極的に取得しています。

リコーが取得している主なタイプIラベル

画像:エコマーク(日本)

エコマーク(日本)

エコマーク認証取得製品一覧

画像:Blue Angel

Blue Angel(ドイツ)

画像:EcoLogo Program

EcoLogo Program(カナダ)

画像:Thai Green Label

Thai Green Label(タイ)

画像:Environmental Choice New Zealand

Environmental Choice New Zealand(ニュージーランド)

画像:中国環境表示計画(通称:テンサークル)

中国環境表示計画(通称:テンサークル)(中国)

画像:Green Mark

Green Mark(台湾)

画像:Singapore Green Label

Singapore Green Label(シンガポール)

タイプII 環境ラベル(ISO14021)“自己宣言”


製品の環境主張を企業が自己宣言するラベルであり、第三者による判断は入りません。リコーグループは、部品の再使用率に関する自社基準を設定しています。

タイプIII 環境ラベル(ISO14025)“環境情報表示”


製品やサービスの環境負荷を定量的に表示するためのラベルで、国際規格としてはISO14025にて規定されています。リコーは製品を構成する部品等に関する様々なデータを収集するシステムを構築し、ISO14025に準拠した環境ラベルの国内制度である「エコリーフ環境ラベル」のシステム認定を受けて製品のライフサイクル全体の環境影響を評価しています。これによりリコー製品のどの部分が環境に対しどのような影響を与えているかを定量的に把握し、影響を低減させるための効果的な方法を考え、実施しています。
また、製品やサービスのライフサイクル全体を通して排出される温室効果ガス排出量を表示する制度であるカーボンフットプリント(CFP)プログラムにも参加し、温室効果ガス排出量の「見える化」にも取り組んでいます。

エコリーフ環境ラベル

リコーの公開ラベル:
日本語版       英語版 (「AD: EP(Electrophotographic Printer) and IJ(Ink Jet) printer」の項)