Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

環境パフォーマンスデータ
2014年度のScope3排出量

リコーグループの2014年度の温室効果ガス排出量に占めるScope3の割合は83.2%でした。

Scope3カテゴリの中で、Cat1、4、11の排出量が大きく、重要なカテゴリとして削減活動に取り組んでいきます。信頼性向上のためにCat1、4、11の画像製品に関わる排出量についてビューローベリタスジャパン株式会社による第三者検証を受けました。(詳細はこちら

今後もScope3の把握・開示、および重要なカテゴリの排出量削減に取り組んでいきます。

Scope3 各カテゴリの排出量

  CO2排出量(千t) 温室効果ガス総排出量に対する比率
Scope1 181 5.90%
Scope2 337.5 10.90%
Scope3 Cat1 購入した製品・サービス 784*1 25.40% 83.20%
Cat2 資本財 241 7.80%
Cat3 Scope1, 2 に含まれない燃料及びエネルギー関連活動 52 1.70%
Cat4 輸送、配送(上流) 450*2 14.60%
Cat5 事業から出る廃棄物 0.01 0.00%
Cat6 出張 22 0.70%
Cat7 雇用者の通勤 93 3.00%
Cat8 リース資産(上流) 52 1.70%
Cat9 輸送、配送(下流) 0.1 0.00%
Cat10 販売した製品の加工 12 0.40%
Cat11 販売した製品の使用 612*3 19.90%
Cat12 販売した製品の廃棄 2 0.10%
Cat13 リース資産(下流) 233 7.60%
Cat14 フランチャイズ (対象外) -
Cat15 投資 10 0.30%
Scope3 Cat1-Cat15総量 2,563.8 -
温室効果ガス総排出量 3,082.3 100.00%

Tap to see the table

  • *1このCat1の排出量のうち、第三者検証された排出量は300.3千t-CO2です。
  • *2このCat4の排出量のうち、第三者検証された排出量は145.7千t-CO2です。
  • *3このCat11の排出量のうち、第三者検証された排出量は591.6千t-CO2です。

算出の考え方と算出方法

各種ガイドライン*を参考に製品使用年数、稼動時間、各種の原単位指標、自社のデータから算定した原単位などを設定して算出しています。今後、算出方法や原単位、バウンダリの見直しを行い算出精度を高めていきます。



※Cat2,6,7の算出に使用する原単位を前年度から変更しました。

各カテゴリの算出方法

Cat1 購入資源を素材毎に集計して原単位を乗じて算出
Cat2 年度の設備投資に原単位を乗じて算出
Cat3 年度で使用したエネルギーに原単位を乗じて算出
Cat4 リコーグループが荷主となった輸送について算出(Scope1、2集計分は除く)
Cat5 生産事業所から最終処分された廃棄物に原単位を乗じて算出
Cat6 国内は株式会社リコー、海外は欧州の販売会社のデータをもとにグループ全体を算出
Cat7 株式会社リコーおよび国内関連会社のデータをもとにグループ全体を算出
Cat8 賃借オフィス(機器、自動車等はScope1、2で集計のため除く)による排出量を人数から算出
(賃借オフィスでもScope1、2で集計された分は除く)
Cat9 製品輸送においてリコーグループが荷主でない輸送を算出
Cat10 最終製品でない製品物量に原単位を乗じて算出
Cat11 販売した製品の想定使用状況による寿命分の排出量を算出
Cat12 販売した製品の重量と自社製品LCAデータの廃棄による排出量から算出
Cat13 リコーグループのリース会社(リコーリース)のリース品の使用による排出量をカテゴリ毎の数量と原単位から算出。(排出量からリコー製品のリース(Cat11で算出)、とリコーグループへのリース(Scope1, 2で算出)分を除外)
Cat14 対象外 (リコーグループでは本カテゴリに該当する排出は無いため)
Cat15 株式会社リコーが株を所有する企業の排出量と持ち株比率から算出

Tap to see the table

年度別